意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪化」とは?意味や使い方!例文や解釈

「悪化」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪化」という言葉を使った例文や、「悪化」の類語を紹介して行きます。

悪化

Meaning-Book
「悪化」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「悪化」とは?
  • 「悪化」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「悪化」を使った例文や短文など
  • 「悪化」の反対語


「悪化」とは?

「悪化」という言葉を知っているでしょうか。

「ケガが悪化した」というつらい経験をした人が、いるかもしれません。

一方で、「悪化」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「悪化」という言葉の意味を紹介します。

  • 「悪化」の読み方
  • 「悪化」の意味

「悪化」の読み方

「悪化」「あっか」と読みます。

「あくか」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「悪化」「あっか」と読みましょう。

「悪化」の意味

「悪化」という言葉には、「景気や病気などが悪くなること」という意味があります。

「ケガが悪化する」という時は、すでにしてしまったケガの状態が、さらに悪くなるという意味があります。

このように「悪化」には、「景気や病気などが悪くなること」という意味があります。



「悪化」の類語や類似表現や似た言葉

次に「悪化」の類語や類似表現を紹介します。

「悪化」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「異変」【いへん】
  • 「様変わり」【さまがわり】
  • 「急転直下」【きゅうてんちょっか】
  • 「青天の霹靂」【せいてんのへきれき】
  • 「変わり果てる」【かわりはてる】

「異変」【いへん】

「異変」には、「変わったこと」「変化」という意味があります。

「社会情勢に異変が生じる」という時は、社会情勢に変化が起こるという意味があります。

「天候が異変する」という時は、これまでの天候から変化がみられるという意味があります。

温暖化が進み、猛暑の夏が増えていますが、このような状態は、以前の天候に比べて「異変」が起こっているのかもしれません。

「様変わり」【さまがわり】

「様変わり」には「情勢が変わること」「相場の形勢が急変すること」という意味があります。

例えば、「世の中が様変わりする」という時は、「世の中の情勢が変わった」という意味があります。

電話ボックスで電話を掛けるのが当たり前だった時代から、数十年で、スマホを持つのが当たり前の時代になったのを見ると、「世の中が様変わりした」と感じられるかもしれません。

「急転直下」【きゅうてんちょっか】

「急転直下」には、「急に結末が近づくこと」という意味があります。

プロスポーツ選手の契約先が決まらず、シーズンを迎えようとしている時、シーズン前に急に契約が決まることがあります。

このような時「急転直下、契約が決まる」と表現できます。

また、それまでは結婚する気配すらなかったカップルが、急に結婚を決めた時、「急転直下、結婚が決まる」と言います。

さらに未解決事件だと思われていた事件が、犯人の自主などで解決する時、「急転直下、事件が解決する」などと言います。

「青天の霹靂」【せいてんのへきれき】

「青天の霹靂」には、「不意の変動や、変動によってもたらされる衝撃」という意味があります。

ビジネスシーンでは、急な異動を言い渡された時、「急な異動が発表され、青天の霹靂だ」などと表現できます。

「変わり果てる」【かわりはてる】

「変わり果てる」には、「以前とすっかり様子が変わり、酷い状態になる」という意味があります。

若い頃、素敵だった男性が、中年になり太りすぎてしまった時、「素敵だった彼が、変わり果ててしまった」などと言います。

また夏バテなどで、筋骨隆々だったからだがやせ細ってしまった時も、「変わり果てた姿」などと表現できます。

「悪化」を使った例文や短文など

続いて「悪化」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「悪化」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悪化」を使った例文1
  • 「悪化」を使った例文2

「悪化」を使った例文1

「景気が『悪化』して、デフレが進む」

この例文には、景気がさらに悪くなり、デフレが進んでいる様子を文章にしたものです。

デフレは物価が安くなることという意味があります。

景気が悪くなると、商品が売れなくなるため、販売する側は値段を下げます。

値段を下げれば、販売する企業の利益が少なくなるため、従業員の給与を下げます。

給与が下がった人々は、高い商品を購入しなくなるため、ますます物価が下がってしまいます。

このような状態を「デフレスパイラル」と言います。

「悪化」を使った例文2

「ケガをしているのに、運動を続けたら、ケガが『悪化』した」

この例文のように、ケガをしているのに、無理をして運動を続けると、ケガの状態がさらに悪くなることがあります。

このような状態を「ケガが悪化する」と言います。

ケガをしたら、完全に治癒するまで休養した方が、トータルで見て治りが早く、パフォーマンスを維持しやすくなるかもしれません。



「悪化」の反対語

「悪化」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「悪化」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「好転」【こうてん】
  • 「見直す」【みなおす】

「好転」【こうてん】

「好転」という言葉には、「それまで悪い状態にあったものが、良い状態に向かうこと」という意味があります。

「悪化」の反対の意味の言葉になります。

「二人の関係が好転する」という時は、悪い状態にあった二人の関係性が、良い状態に向かうこと」という意味があります。

また「好転反応」という言葉があります。

例えばビタミン剤などを飲んだ時に痒み出た時、「痒いのは好転反応だ」などという使い方をします。

「痒みが出るのは、それまで悪かったのが良い状態に向かっているためだ」という意味になります。

「見直す」【みなおす】

「見直す」には、「景気や病気などが良い方向に向かうこと」という意味があります。

「相場が見直した」という場合は、株式市場の相場などが、良い方向に向かっているとい意味になります。

また誰かの印象が良くなった時、「彼を見直した」などと言います。

icon まとめ

「悪化」という言葉について見てきました。

病気やケガ、景気などが悪くなった時、悪いと感じていたものが、さらに悪くなった時に、「悪化」という言葉を使ってみましょう。