意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仕事納め」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「仕事納め」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「仕事納め」という言葉を使った例文や、「仕事納め」の類語を紹介して行きます。

仕事納め

Meaning-Book
「仕事納め」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「仕事納め」とは?
  • 「仕事納め」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「仕事納め」を使った例文や短文など


「仕事納め」とは?

みなさんは「仕事納め」という言葉を知っているでしょうか。

年末に「明日が仕事納めです」などと言った経験がある人もいるでしょう。

一方で、「仕事納め」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「仕事納め」という言葉の意味を紹介します。

  • 「仕事納め」の読み方
  • 「仕事納め」の意味

「仕事納め」の読み方

「仕事納め」「しごとおさめ」と読みます。

「仕事」「しごと」「納め」「おさめ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「仕事納め」の意味

「仕事納め」という言葉の意味を紹介します。

「仕事納め」には、「年末にその年の全ての仕事を終えること」という意味があります。

例えば、12月28日まで会社に出勤し、翌日以降は年末年始の休みに入る人がいるでしょう。

この人の「仕事納め」は12月28日になります。

会社員同士が話をする時は、「今年の仕事納めはいつですか?」などと質問し合います。

「12月31日までです」などと答えると、「大変ですね」という返事が返ってくるでしょう。

このように「仕事納め」には、「年末にその年の全ての仕事を終えること」という意味があります。



「仕事納め」の類語や類似表現や似た言葉

次に「仕事納め」の類語や類似表現を紹介します。

「仕事納め」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「大晦日」
  • 「年の暮れ」

「大晦日」

「大晦日」は12月31日のことです。

一年の最後の日を「大晦日」と呼びます。

「大晦日に初もうでにでかける」「大晦日はこたつに入ってテレビを見ながら過ごす」など、人によって「大晦日」の過ごし方はまるで違ってくるでしょう。

「年の暮れ」

「年の暮れ」には、「年末」「一年の終わり」という意味があります。

12月31日が近付くにつれて、「年の暮れ」の雰囲気が濃くなっていきます。

毎年「年の暮れ」になると、来年はどのように生きようなどと、来年の目標を考え始める人もいます。

一年の自分を整理する、貴重な時間として使える時期でもあります。

「仕事納め」を使った例文や短文など

続いて「仕事納め」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「仕事納め」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「仕事納め」を使った例文1
  • 「仕事納め」を使った例文2

「仕事納め」を使った例文1

「今年の『仕事納め』は、12月27日の忘年会だ」

この例文のように、会社員生活を送っている人は、会社が休みに入る前日が「仕事納め」になるかもしれません。

また「忘年会」が最後の仕事という人もいるかもしれません。

自分の会社で行われる「忘年会」は仕事に入らないかもしれませんが、他社の「忘年会」に出席するのは、営業活動の一環です。

飲み会を終えて、ようやく今年の仕事が終わったと思う人も少なくないでしょう。

「仕事納め」を使った例文2

「フリーランスの人は、『仕事納め』を自分で決める」

この例文のように、フリーランスで働いている人、自営業などをしている人は、基本的に「仕事納め」を自分で決められます。

年末年始を思い切り楽しみたい人は、早めに「仕事納め」を設定できますし、ずっと働く必要がある人は、大みそかが「仕事納め」になるでしょう。

経済状態や、プライベートの予定によって「仕事納め」は変わってくるでしょう。



icon まとめ

「仕事納め」という言葉について見てきました。

年末を迎えて、その年の最後の仕事を終える日を、分かりやすい言葉で誰かに伝えたい時、「仕事納め」という言葉を使ってみましょう。