意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「平行線を辿る」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「平行線を辿る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「平行線を辿る」という言葉を使った例文や、「平行線を辿る」の類語を紹介して行きます。

平行線を辿る

Meaning-Book
「平行線を辿る」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「平行線を辿る」とは?
  • 「平行線を辿る」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「平行線を辿る」を使った例文や短文など


「平行線を辿る」とは?

「平行線を辿る」という言葉を知っているでしょうか。

「話し合いが平行線を辿る」という経験をしたことがあるかもしれません。

一方で、「平行線を辿る」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「平行線を辿る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「平行線を辿る」の読み方
  • 「平行線を辿る」の意味

「平行線を辿る」の読み方

「平行線を辿る」「へいこうせんをたどる」と読みます。

「平行線」「へいこうせん」「辿る」「たどる」と読みます。

これを機会に、「平行線を辿る」「へいこうせんをたどる」と読みましょう。

「平行線を辿る」の意味

「平行線を辿る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「平行線を辿る」には、「いつまでも互いの主張が対立したままで、話し合いの決着がつかない」という意味があります。

「話し合いが平行線を辿る」という時は、お互いの意見が対立したままで、決着がつかないという意味になります。

口喧嘩などが始まると、お互いが自分の意見をひっこめず、相手の意見を受け入れないため、決着がつかなくなる時があります。

このような時は、「平行線を辿る」という言葉を使ってみましょう。



「平行線を辿る」の類語や類似表現や似た言葉

次に「平行線を辿る」の類語や類似表現を紹介します。

「平行線を辿る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「押し問答」【おしもんどう】
  • 「堂々巡り」【どうどうめぐり】
  • 「水掛け論」【みずかけろん】

「押し問答」【おしもんどう】

「押し問答」には、「互いの主張を譲らず、言い張ること」という意味があります。

例えば街中で、肩がぶつかった者同士が、「お前が悪い」「お前こそ悪い」と言い張る時、どちらも主張を譲らないため、「押し問答」になるケースが多くなります。

「堂々巡り」【どうどうめぐり】

「堂々巡り」には、「同じ考えや議論が、何度も繰り返されて、少しも進まないこと」という意味があります。

話し合いをして解決しようとしたのに、何度も同じような話をするだけで、前向きな意見が出ない時、「堂々巡り」に陥っていると言えるでしょう。

「水掛け論」【みずかけろん】

「水掛け論」という言葉には、「自分の主張にこだわるため、際限なく続く議論」という意味があります。

どちらも主張を譲らず、議論が終わる気配がない時、「水掛け論になっている」などと指摘します。

「平行線を辿る」を使った例文や短文など

続いて「平行線を辿る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「平行線を辿る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「平行線を辿る」を使った例文1
  • 「平行線を辿る」を使った例文2

「平行線を辿る」を使った例文1

「話し合いが『平行線を辿り』、すでに3時間が経過した」

この例文のような、つらい話し合いの席に出席したことがあるかもしれません。

お互いの意見が対立し、その状態が継続する時、「平行線を辿る」という言葉を使ってみましょう。

このような時は、場の雰囲気を変えるため、食事の時間を取ったり、休憩時間を設けるなどするといいかもしれません。

「平行線を辿る」を使った例文2

「子育てについての夫婦の意見が分かれて、『平行線を辿る』」

この例文のように、子育ての方針などについての話し合いは、対立する可能性が高そうです。

どちらが間違っているわけでもなく、簡単に引き下がれないため、「平行線を辿る」と、解決まで時間がかかるかもしれません。



icon まとめ

「平行線を辿る」という言葉について見てきました。

会議の席などで、互いの意見が対立し、その状態が長く続いてしまったら、「平行線を辿る」という言葉を使ってみましょう。