意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「窓際族」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

「窓際族」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「窓際族」という言葉を使った例文や、「窓際族」になる理由を紹介して行きます。

窓際族

Meaning-Book
「窓際族」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「窓際族」とは?
  • 「窓際族」になる理由
  • 「窓際族」を使った例文や短文など


「窓際族」とは?

「窓際族」という言葉を知っているでしょうか。

会社の中に「窓際族」として存在している人の顔が、浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「窓際族」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「窓際族」という言葉の意味を紹介します。

  • 「窓際族」の読み方
  • 「窓際族」の意味

「窓際族」の読み方

「窓際族」「まどぎわぞく」と読みます。

「窓際」「まどぎわ」「族」「ぞく」と読みます。

これを機会に、「窓際族」「まどぎわぞく」と読みましょう。

「窓際族」の意味

「窓際族」という言葉の意味を紹介します。

「窓際族」には、「会社などの職場で、閉職に追いやられた人」「会社に出社しているものの、特に働いていない人」のことを言います。

窓際の席に座り、何もせずに新聞を読んだり、窓の外の風景を見ながら時間をつぶすような、戦力としてみなされていない人を、「窓際族」と言います。



「窓際族」になる理由

「窓際族」になる理由は、様々です。

働く意思があるのに、能力が低いとみなされて仕事を与えられないタイプの人もいれば、初めからまるで仕事に対する、やる気がない人まで様々です。

会社の派閥争いなどに巻き込まれ、重要なポストから外れてしまったというケースもあります。

また景気がいい時期に雇用し過ぎた結果、同世代の社員が増え、与えるポストもなく、かといって退職を迫れないため、飼い殺しのようになっているという場合もあります。

「窓際族」を使った例文や短文など

「窓際族」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「窓際族」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「窓際族」を使った例文1
  • 「窓際族」を使った例文2

「窓際族」を使った例文1

「『窓際族』のAさんは、昔は切れ者として知られていた」

この例文のように、現在は役に立たない社員、「窓際族」と見られている人も、以前は輝いていたというパターンがあります。

社内人事のごたごたに巻き込まれて、本人に落ち度がないまま、「窓際族」になってしまうケースもあるためです。

「窓際族」を使った例文2

「『窓際族』は、働かなくて給料がもらえるため、ラッキー?」

この例文のように、考える会社員もいるかもしれません。

どうせ同じような給料しかもらえないなら、窓際の席で新聞を読んだり、外の景色を見て給料をもらった方が得だと考える人もいるでしょう。

しかし、よほど心が強いか鈍感でない場合は、「窓際族」は居心地が悪く、会社の戦力としてばりばりと仕事がしたいと思うのではないでしょうか。



icon まとめ

「窓際族」という言葉について見てきました。

第一線を退き、特に仕事をしていない中高年の会社員を見かけたら、「窓際族」という言葉を使ってみましょう。