意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特別扱い」とは?意味や使い方!例文や解釈

「特別扱い」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「特別扱い」という言葉の理解を深めていきましょう。

特別扱い

Meaning-Book
「特別扱い」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「特別扱い」とは?
  • 「特別扱い」の表現の使い方
  • 「特別扱い」を使った言葉と意味を解釈
  • 「特別扱い」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「特別扱い」の反対語
  • 「特別扱い」の類語や類義語・言い換え
  • 「特別扱い」の英語と解釈


「特別扱い」とは?

「特別扱い」とは他とは違った扱いという意味で、通常、他よりも良い扱いについて、この言葉を使います。

  • 「特別扱い」の語源や由来
  • 「特別扱い」の読み方

「特別扱い」の語源や由来

「特別扱い」「特別」とは他と区別をされていること、一般とは違うことという意味です。

「扱い」とはその地位、その状態にある者として接することを言います。

例えば「犯人扱い」「子ども扱い」「年寄り扱い」といった言い方をします。

「特別扱い」の場合は他と違った扱い、一般よりいい扱いを受けている時に使う言葉となります。

「特別扱い」の読み方

「特別扱い」と書いて「とくべつあつかい」と読みます。



「特別扱い」の表現の使い方

「特別扱い」とは一般とは違う、他とは違った扱いという意味です。

ですから、大切な物を扱う、大切な人をもてなすといった意味で「特別扱いされている」「特別扱いをする」「その商品は高価で壊れやすいから特別扱いにして」という言い方をします。

また待遇が違うといった不満を表す時に「特別扱い」という言葉を使われることもあり「あいつだけ特別扱いなんてずるいぞ」「先生が彼だけを特別扱いしている」といった言い方もしますが、これは意味合い的には「ひいき」と同じになります。

「特別扱い」を使った言葉と意味を解釈

それでは「特別扱い」を使った言葉をいくつか見ていきましょう。

意味の解釈もつけていますので、参考にしてください。

  • 「特別扱いする」
  • 「特別扱いしない」
  • 「特別扱いされる」

「特別扱いする」

「特別扱いする」とは、他とは違う、大切に扱う、区別するという意味です。

「大事な物を特別扱いする」という使い方もします。

また「カッコいい子だけ特別扱いする」という使い方の場合は「ひいき」と同じ意味になります。

「特別扱いしない」

「特別扱いしない」とは、他とは区別しない、つまり皆一緒に扱うという意味で使われます。

「有名人という理由で、特別扱いしない」「子どもの教育に悪いので、特別扱いしないで欲しい」などと使います。

「特別扱いされる」

「特別扱いされる」とは、他とは違う扱いを受ける、一般的には大切にされるとか、好かれるといった意味合いで使われます。

「彼から特別扱いされるにはどうしたらいいかしら」「特別扱いされる人にある魅力とは?」などと使われます。



「特別扱い」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「特別扱い」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「特別扱い」を使った例文1
  • 「特別扱い」を使った例文2

「特別扱い」を使った例文1

「特別扱いは、結果的にその人の為にはならないことだ」

「特別扱い」とは身びいきであったり、優遇ということになります。

確かに心地良く、他の者より得をすることではありますが、実力がつかない、我慢ができないなど、長い目で見ればその人の為にはならないことにもなりやすいのです。

「特別扱い」を使った例文2

「特別扱いなんてしていないと彼女は怒るが、どう見ても特別扱いである」

「えこひいき」「差別待遇」といった言葉をマイルドに言い表したのが「特別扱い」となります。

いずれにしましても意味合いは同じですから言われた側としてはいい気分ではないでしょう。

「特別扱い」の反対語

「特別扱い」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「平等」【びょうどう】
  • 「厳正」【げんせい】

「平等」【びょうどう】

「平等」とは差別がない、みんな等しく同じであるという意味です。

「社員を平等に扱う」などと使います。

「厳正」【げんせい】

「厳正」とは規準に、厳格に従って公正に取り扱うことを言います。

「厳正な判断」「厳正中立」などと使います。

「特別扱い」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「特別扱い」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「優遇」【ゆうぐう】
  • 「ひいき」
  • 「厚遇」【こうぐう】
  • 「特別待遇」【とくべつたいぐう】

「優遇」【ゆうぐう】

「優遇」とは手厚くもてなしをすること、大切に扱うことという意味です。

「うちの会社は経験者を優遇しています」「優遇されている癖に文句ばかり言うな」「優遇措置」などと使います。

「ひいき」

「ひいき」とは気に入った人に特に目をかけ、世話をすること、気に入った人を特に可愛がることを言います。

また、パトロン、後援者といった意味もあります。

「一方だけをひいきするなどできるわけない」「私がひいきにしているカフェ」「ひいきすじに挨拶をしてまわる」などと使います。

「厚遇」【こうぐう】

「厚遇」とは手厚くもてなすことで「優遇」と同じ意味です。

「厚遇を受ける」「厚遇に感謝いたします」などと使います。

「特別待遇」【とくべつたいぐう】

「特別待遇」とは特別に良くもてなされること、地位や立場など条件が他の者よりも良いことを言います。

「彼女だけ特別待遇なのは何でなんだ」「特別待遇に慣れているからワガママすぎるんだよ」という風に使います。

「特別扱い」の英語と解釈

特別扱い meaning in english

「特別扱い」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“special treatment”(特別扱い)と言います。

例文は“give special treatment”(特別扱いする)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「特別扱い」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

他とは違った扱いで、他よりも良い扱いという意味で使われます。

いい意味合いで使われるというよりは「ひいき」「差別」といった意味合いで使われることもありますので使い方には注意が必要でしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。