意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特別な存在」とは?意味や表現の使い方!例文や解釈

「特別な存在」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「特別な存在」という言葉を使った例文や、「特別な存在」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「特別な存在」とは?意味や表現の使い方!例文や解釈>


目次

  • 「特別な存在」とは?
  • 「特別な存在」の具体例
  • 「特別な存在」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「特別な存在」を使った例文や短文など
  • 「特別扱いされる女性」の特徴


「特別な存在」とは?

みなさんは「特別な存在」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの周囲に、「特別な存在」がいるかもしれません。

一方で、「特別な存在」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「特別な存在」という言葉の意味を紹介します。

  • 「特別な存在」の読み方
  • 「特別な存在」の意味

「特別な存在」の読み方

「特別な存在」「とくべつなそんざい」と読みます。

「特別」「とくべつ」「存在」「そんざい」と読みます。

これを機会に、「特別な存在」「とくべつなそんざい」と読むようにしましょう。

「特別な存在」の意味

「特別な存在」という言葉の意味を紹介して行きます。

「特別」には、「他とハッキリ区別されている様子」という意味があります。

また「物事の状態や性質が群を抜いている様子」という意味もあります。

例えば、同じクラスにいるのに、他の生徒とハッキリ区別されている生徒は、「特別な存在」になります。

ポジティブな意味では、群を抜いて優秀で、「特別な存在」なのかもしれません。

またネガティブな意味では、不良度が高く、扱いの難しさなどが、「特別な存在」になっているのかもしれません。

このように「特別な存在」には、「他とハッキリ区別されている様子」「群を抜いている様子」という意味があります。



「特別な存在」の具体例

「特別な存在」と呼ばれている人は、他の人にとってどのような人なのでしょうか。

「あの人は特別」と言われるような人の具体例を紹介します。

  • 「悩みを相談できる」
  • 「本音で話せる」
  • 「秘密を共有している」

「悩みを相談できる」

悩みを相談できる相手は、「特別な存在」ではないでしょうか。

悩みは自分の弱点でもあります。

悩み相談ができる相手は、自分の弱点をさらしても大丈夫だと思える、高い信頼を持っている人ということになります。

両親に相談することすら難しいのに、家族以外で悩み相談ができる相手がいれば、その人は「特別な存在」でしょう。

「本音で話せる」

本音を話せる相手が、みなさんの周りにどれほどいるでしょうか。

実は一人もいないという人が、ほとんどではないでしょうか。

「本音を話せる」相手は、聞いた話を他の人に吹聴したりしない人です。

また頭ごなしに否定したり、自分の方が正しいと主張しすぎない人です。

このように、本音で話せる相手は、信頼できるコミュニケーションの達人で、「特別な存在」と言えるでしょう。

「秘密を共有している」

秘密を共有している相手は、まさに「特別な存在」と言えます。

秘密は弱みでもありますから、あえて弱みを握らせても大丈夫と思える相手は、「特別な存在」になります。

また一方通行ではなく、お互いの秘密を共有しているという点が、二人の信頼関係をさらに強くしています。

「特別な存在」の類語や類似表現や似た言葉

「特別な存在」の類語や類似表現を紹介します。

「特別な存在」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「贔屓」
  • 「スペシャル」

「贔屓」

ものすごく画数が多い言葉、「贔屓」「ひいき」と呼びます。

「贔屓」には、「自分の気に入った人に対して肩入れし、優遇すること」という意味があります。

例えば「贔屓にしている店」には、頻繁に通ってお金を落としますし、「贔屓にしている女性」には、いつも優しく接し、ランチなどもご馳走するでしょう。

「スペシャル」

「スペシャル」「特別」「特別な存在」をカタカナ語にしたものです。

「君はスペシャルだ」とか、「スペシャルボディ」などという使い方をします。

他とは一線を画したような存在に対して、「スペシャル」という言葉を使います。



「特別な存在」を使った例文や短文など

「特別な存在」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「特別な存在」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「特別な存在」を使った例文1
  • 「特別な存在」を使った例文2

「特別な存在」を使った例文1

「彼女は初めての彼女で、僕にとって『特別な存在』だ」

この例文のように、初めてできた彼女は、その男性にとって、ずっと「特別な存在」かもしれません。

このように初恋の相手、初めてできた親友、会社の同期社員などは、生涯を通じて「特別な存在」という認識を持ち続けるかもしれません。

「特別な存在」を使った例文2

「Aさんの『特別な存在』になれるよう頑張りたい」

この例文のように、誰かの「特別な存在」になりたいと思う人は多いでしょう。

ビジネスシーンなら、上司の右腕のような存在になりたいと思うかもしれません。

恋愛の場面なら、恋人になりたいと思うのではないでしょうか。

尊敬している人、好きな人に対しては、その他大勢ではなく、「特別な存在」になりたいという思いがあるはずです。

「特別扱いされる女性」の特徴

最後に「特別扱いされる女性」について紹介して行きます。

同じ職場にいる女性が、なぜか男性から「特別な存在」として扱われていることがあるかもしれません。

そのような女性に共通する特徴を紹介します。

  • 「いつも笑顔」
  • 「男性のプライドを大切にする」
  • 「ルックスがいい」

「いつも笑顔」

男性は、いつも笑顔の女性が好きな生き物です。

いつも笑顔な女性は、男性によって態度を変えず、誰に対しても公平に感じよく接してくれます。

このような女性は、男性の心の支えになるため、「特別な存在」になりやすいでしょう。

「男性のプライドを大切にする」

男性のプライドを大切にできる女性は、「特別な存在」になりやすいでしょう。

例えば、飲み会の会場を男性に決めさせようとして、会場候補を絞り込み、最終決定だけ男性にゆだねる気遣いができる女性がそうです。

基本的に女性の手のひらの上なのですが、「俺が決めた」と、男性のプライドを満足させています。

このようなことができる女性は、特別扱いされやすいでしょう。

「ルックスがいい」

男性はルックスがいい女性に好感を抱くため、ルックスがいいにこしたことがありません。

特に面食いの男性や、下心のある男性は、ルックスがいい女性を「特別な存在」として扱うはずです。

icon まとめ

「特別な存在」という言葉について見てきました。

みなさんも「特別な存在」になれるよう、立ち振る舞うようにしましょう。