意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特別待遇」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「特別待遇」という表現を知っているでしょうか。

肩書等に応じて「特別待遇」を受けることがありますよね。

ここでは「特別待遇」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「特別待遇」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「特別待遇」とは?
  • 「特別待遇」の英語と解釈
  • 「特別待遇」の表現の使い方
  • 「特別待遇」を使った例文と意味を解釈
  • 「特別待遇」の類語や類義語・言い換え


「特別待遇」とは?

「特別待遇」というのは身内がお気に入りを特別に厚遇する、対象が他と比べて有利になるように扱う、という意味になります。

普段のものと異なった様子、特別扱いする、という意味であり、他と同じように扱うのではなく、正当な理由に基づいて特別な待遇をする、という意味になるのです。

例えば、障害がある人に対して「特別待遇」がなされる場合もありますよね。

障害を持っている人が試験などを受ける場合、その障害が原因となって不合格になってしまうことがないよう、その障害が試験の妨げにならないよう、「特別待遇」を受けることもあります。

  • 「特別待遇」の読み方

「特別待遇」の読み方

「特別待遇」というのは「とくべつたいぐう」と読みます。

社会生活ではよく使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきたいものです。



「特別待遇」の英語と解釈

「特別待遇」という表現を英語にすると“special treatment”になります。

「必要がある人には『特別待遇』も用意しますので、ぜひお申し出ください」という場合は“If you are in need, we will give you a special treatment so please don't hesitate to let us know.”になります。

「特別待遇」の表現の使い方

「特別待遇」を受けている人を見たことがあるでしょうか。

例えばスポーツ特待生などで大学や高校に入学する場合、それは「特別待遇」になります。

何かに秀でているということが条件となって入学が認められるため、受験をする必要がない場合もありますよね。

あるいは、「特別待遇」の学生には授業料が無料になるなどという待遇が用意されている場合もあります。

首席で大学を卒業する場合は学長から直接学位記を受け取れるなどという「特別待遇」もありますね。



「特別待遇」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「特別待遇」を使った例文1
  • 「特別待遇」を使った例文2

「特別待遇」を使った例文1

「彼女は特別待遇で高校に入ったらしい」

特待生等という「特別待遇」で高校に入学する人が増えていると言われています。

それぞれの生徒たちの良い面を生かそうとした取り組みであり、スポーツにおける特待生なども多く用意されていますね。

このような特待生の「特別待遇」を利用すると、受験しなくて良いというメリットもあります。

「特別待遇」を使った例文2

「『特別待遇』を受けているからって鼻にかけるやつは気に食わない」

「特別待遇」を受けているという事は他の人とは違うということになります。

そのため、どうしてもそれを鼻にかけてしまい、周りから嫌がられるということもあるかもしれません。

もしも「特別待遇」を受けているのであればそのことをしっかりと自覚し、自慢しているような態度を取らないことも重要です。

「特別待遇」を受けているという事はそのような待遇を受けていないという人もいる、ということを忘れてはなりません。

「特別待遇」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「贔屓」【ひいき】
  • 「別枠」【べつわく】

「贔屓」【ひいき】

「贔屓」というのは自分の気に入ったものに目をかけて力を添え、助けるという意味があります。

自分の気に入ったものを肩入れして優遇するということであり、悪いイメージもありますが、実際には悪い意味はありません。

ただ単に「気に入った人やものに援助する」という意味なのです。

「別枠」【べつわく】

「別枠」というのは定められたものとは別に設けられている範囲や基準という意味です。

別枠にする、と言えば、それは対象が他と比べて有利になるように扱うという意味になります。

icon まとめ

「特別待遇」という表現はよく使われますので、ぜひ知っておきましょう。

正当な事由に基づいて違った待遇をするという意味ですから、正当な理由が存在しないのであれば「特別待遇」は認められません。