意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特別」とは?意味や使い方!例文や解釈

「特別」とは、「他のものや人との間に、はっきりとした区別があること」を意味する言葉です。

「特別」「意味・読み方・使い方・特別を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「特別」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「特別」とは?
  • 「特別」の表現の使い方
  • 「特別」を使った言葉と意味を解釈
  • 「特別」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「特別」の反対語
  • 「特別」の類語や類義語・言い換え
  • 「特別」の英語と解釈


「特別」とは?

「特別」という表現は、「他のものや人との間に、はっきりとした区別があること」を意味しています。

また「特別」という言葉は、「他のものや人とはっきり分かりやすく区別して扱うこと」「そのものや人にだけ格別な扱いをすること」を意味しているのです。

  • 「特別」の読み方

「特別」の読み方

「特別」の読み方は、「とくべつ」になります。



「特別」の表現の使い方

「特別」の表現の使い方は、「他のものや人との間に、はっきりと分かる区別がある場合」に使うという使い方になります。

また「特別」という言葉は、「他の人とは明らかに異なると分かる区別をして扱う場合」「他のもの・人とは異なる格別な処遇をする時」に使うことができます。

例えば、「結婚記念日の今日、妻と一緒に美味しいディナーを食べて特別な時間を過ごすことができました」といった文章で、「特別」という表現を使用することができます。

「特別」を使った言葉と意味を解釈

「特別」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「特別な人」【とくべつなひと】
  • 「特別な価値観」【とくべつなかちかん】
  • 「特別支援学級」【とくべつしえんがっきゅう】

「特別な人」【とくべつなひと】

「特別な人」という言葉は、「他の人とは明らかに異なる優れた人」「他の人とははっきり区別できる大切(大事)な人」のことを意味しています。

例えば、「彼はサッカー界では知らない人がいない特別な人であり、かつての功績を評価されてレジェンドとも呼ばれています」といった文章で使われます。

「特別な価値観」【とくべつなかちかん】

「特別な価値観」という表現は、「他の人とははっきりと異なっている考え方・価値判断の傾向」「普通・標準とは異なっている考え方・判断基準」のことを意味しています。

例えば、「自分だけの特別な価値観を持ち続けたまま、常識的な社会人として会社員生活に適応することはなかなか難しいことなのです」といった文章で、この言葉を使うことができます。

「特別支援学級」【とくべつしえんがっきゅう】

「特別支援学級」という言葉は、「学校教育を受ける上で、普通学級の生徒とは異なる格別に配慮・準備された支援を必要とする児童・生徒のために設置された学級」のことを意味しています。

「特別支援学級」に通学できる対象となる児童・生徒には、「知的障害・肢体不自由・発達障害・身体虚弱者・弱視者・難聴者」などのハンディキャップを抱えた子供たちがいます。



「特別」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「特別」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「特別」を使った例文1
  • 「特別」を使った例文2

「特別」を使った例文1

「ここのカフェレストランは、特別に美味しい自家製タピオカドリンクを色々なフレーバーで提供してくれることで有名なのです」

この「特別」を使った例文は、「ここのカフェレストランは、他のお店の商品とは明確に区別される美味しい自家製タピオカドリンクを、色々なフレーバーで提供してくれることで有名です」ということを意味しています。

「特別」を使った例文2

「今まで色々魅力的な異性と付き合ってきましたが、今好きになった彼女は特別に大切な女性なのです」

この「特別」を使った例文は、「今まで色々魅力的な異性と付き合ってきたが、今好きになった彼女は他の女性とはまったく異なる格別に大切な女性である」ということを意味しています。

「特別」の反対語

「特別」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「普通・平凡」

「普通・平凡」

「特別」の反対語として、「普通・平凡」という言葉を上げられます。

「普通」という表現は、「みんなと同じでごく当たり前であること」「特別に変わったところがないこと」を意味しています。

「平凡」という表現は、「平均的・普通であるさま」や並であり特別に目立つ部分がないこと」を意味しています。

それらの意味から、他のものとはっきり区別されて格別であることを意味する「特別」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「普通・平凡」を指摘できます。

「特別」の類語や類義語・言い換え

「特別」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「特有・独特」
  • 「格別・飛びきり」
  • 「異例・非凡」

「特有・独特」

「特別」の類義語・言い換えとして、「特有・独特」があります。

「特有」という表現は、「そのものやその人だけに特別に備わっていること」「他のものには無くてそのものだけに有ること」を意味しています。

「独特」という言葉も、「他のものや人には見られず、そのものや人にだけ特別に見られること」を意味しています。

その意味から、「特別」とほとんど同じ意味を持つ類語として、「特有・独特」を指摘できます。

「格別・飛びきり」

「特別」の類語・言い換えには、「格別・飛びきり」があります。

「格別」という表現は、「他のもの・人とは区別して扱うこと」「他のもの・人と明らかに異なっているさま」を意味しています。

「飛びきり」という言葉は、「特別にずば抜けているさま」を意味しています。

それらの意味から、「特別」に近い類似の意味を持つ類義語(シソーラス)として、「格別・飛びきり」を上げられます。

「異例・非凡」

「特別」の類義語・言い換えとして、「異例・非凡」があります。

「異例」という表現は「今まで前例がなくて特別であること」を意味していて、「非凡」という表現は「平凡ではないこと・普通ではないさま」を意味しています。

それらの意味から、他のものとははっきり区別されることを示す「特別」の表現は、「異例・非凡」という表現で言い換えられるのです。

「特別」の英語と解釈

「特別」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“special, especially”(特別な・それだけのために特別の・副詞で特別に)

“particular, particularly”(格別の・特別な・副詞で格別に)

“unusually, extraordinarily”(いつもとは異なって特別に・普段とは違って異例で)

“This one cup of coffee was made from special value coffee beans.”

「特別」という言葉を使ったこの英語の例文は、「この一杯のコーヒーは、特別に価値のあるコーヒー豆から作られました」ということを意味しています。

icon まとめ

「特別」という言葉について徹底的に解説しましたが、「特別」には「他のものや人との間に、はっきりとした区別があること」などの意味があります。

「特別」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「特有・独特」「格別・飛びきり」「異例・非凡」などがあります。

「特別」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。