意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優遇」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「優遇」とは、「優先的に良い扱いをすること」「手厚くもてなすこと・有利な扱いをすること」です。

「優遇」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・優遇を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・優遇と優先の違い」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「優遇」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「優遇」の意味とは?
  • 「優遇」の読み方
  • 「優遇」の英語(解釈)
  • 「優遇」の対義語
  • 「優遇」の言葉の使い方
  • 「優遇」を使った言葉と意味を解釈
  • 「優遇」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「優遇」の類語や類義表現
  • 「優遇」と「待遇」の違い
  • 「優遇」と「優先」の違い


「優遇」の意味とは?

「優遇」の意味は、「他の人よりも優先的に良い扱いをすること」「手厚くもてなすこと・特別に有利な扱いをすること」になります。

「優遇」という言葉は、他の人よりも良い条件で優先的に処遇すること、特別に手厚いもてなし(その人に有利な対応)を与えることを意味しているのです。

例えば、「当社では経験者を優遇します」「優遇されたければ実力をつけなさい」などの文章で、「優遇」の意味を示せます。



「優遇」の読み方

「優遇」の読み方は、「ゆうぐう」になります。

「優遇」の英語(解釈)

「優遇」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“favorable treatment、give favorable treatment to”(「有利な待遇・好都合な扱い」から、「優遇・〜を優遇する」を意味します。)

“This organization gave favorable treatment to mechanical engineer. ”(その組織は、機械関係のエンジニアを優遇しました。)

“preferential treatment、give preferential treatment to”(「優先的な扱い・特別扱い」から、「優遇・〜を優遇する」を意味します。)

“treat〜well、treat〜favorably”(「〜をよく扱う・〜を優先的に扱う」から、「〜を優遇する」を意味します。)

“pay a good salary to〜”(「企業が〜に良い給料を支払う」から、「〜を給与面で優遇する」を意味します。)

“This IT company pays a good salary to persons with programming experience. ”(このIT企業はプログラム経験者を給料面で優遇します。)



「優遇」の対義語

「優遇(ゆうぐう)」の対義語として、「冷遇(れいぐう)」が上げられます。

「優遇」「手厚くもてなすこと・優先的に有利になるように扱うこと」を意味しますが、「冷遇」は反対に「冷たく対応(待遇)すること・一切の配慮をせずに不利になるような扱いをすること」を意味しているのです。

「冷遇」とは「冷たく不利な待遇をすること」であり、「専務に冷遇された彼は、出世の可能性を絶たれた」などの文章で使えます。

「優遇」の言葉の使い方

「優遇」の言葉の使い方は、「優先的に良い扱いをする場合」「特別に有利な扱い(もてなし)をする時」に使うという使い方になります。

「優遇」という言葉は、他の人よりも好条件で対応したり、その人に有利になる扱いをしたりする場合に使うことができるのです。

例えば、「成績優秀者は学費が優遇されます」「彼女は社長に優遇されていました」などの文章で、「優遇」の言葉を正しく使用することができます。

「優遇」を使った言葉と意味を解釈

「優遇」を使った言葉である「優遇措置」「優遇を受ける」「税金を優遇する」の意味を、分かりやすく解釈していきます。

  • 「優遇措置」
  • 「優遇を受ける」
  • 「税金を優遇する」

「優遇措置」

「優遇措置(ゆうぐうそち)」の言葉の意味は、「その人に有利になるような特別扱い」「優先的にその人が得をするように処遇すること」になります。

「優遇措置」というのは、「特別な感情・意図・条件などによって、その人が必ず有利になるように考えられた手立て・処置(処遇)」のことを意味しているのです。

「優遇を受ける」

「優遇を受ける」の言葉の意味は、「手厚いもてなしや待遇を受けること」になります。

「優遇を受ける」という言葉は、「自分を優先的に扱ってくれるような良い待遇(特別待遇)を受けること」を意味しているのです。

「私は社長に気に入られて優遇を受けることになりました」「優遇を受けると、同僚にやっかみを買うことがあります」などの文章で、「優遇を受ける」の言葉が使えます。

「税金を優遇する」

「税金を優遇する」の言葉の意味は、「税金の支払いにおいて有利な処遇をする」「税金を安くする」になります。

「税金を優遇する」は、「税金が安くなるような特別に良い待遇を受けること」を意味していて、「政府は四月までエコカー購入者の税金を優遇するとしています」などの文章で用いることができます。

「優遇」を使った例文や短文・意味を解釈

「優遇」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「彼は特別に成績が優秀だったため、学費免除の特待生として優遇されていました」

この「優遇」を使った例文は、「彼は特別に成績が優秀だったので、学費免除の特待生として特別に有利な扱いを受けていた」ということを意味しています。

例文2

「システムエンジニア(SE)の経験者優遇という求人情報を見つけて、さっそく応募してみることにしました」

この「優遇」を使った例文は、「SEの経験者を優先的に良い条件で採用するという内容の求人情報を見つけて、さっそく応募した」ということを意味しています。

「優遇」の類語や類義表現

「優遇」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「優遇」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「厚遇・歓待・もてなし(ホスピタリティー)」
  • 「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」

「厚遇・歓待・もてなし(ホスピタリティー)」

「優遇」の類語・類義表現として、「厚遇・歓待(かんたい)・もてなし(ホスピタリティー)」があります。

「優遇」の言葉の意味は、「手厚いもてなし(厚遇)をすること・好意的に有利に扱うこと」です。

「歓待」とは「好意的に迎え入れること」であり、「ホスピタリティー」とは「手厚いもてなし」を意味しています。

手厚くもてなす「優遇」の類語として、「厚遇・歓待・もてなし(ホスピタリティー)」を指摘できます。

「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」

「優遇」の類語・類義表現として、「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」があります。

「優遇」の言葉の意味は「特別に有利な扱い・配慮をすること」であり、その人を特別な重要人物として処遇する「VIP待遇(Very Important Personとしての待遇)」の意味合いもあります。

特別に優先的かつ有利な扱いをする「優遇」の類義表現として、「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」を上げることができるのです。

「優遇」と「待遇」の違い

「優遇(ゆうぐう)」「待遇(たいぐう)」の違いは、「優遇」「優先的に良い扱いをすること・手厚くもてなすこと」を意味しますが、「待遇」の方は「もてなすこと」「雇用者の勤労者に対する取り扱い」を意味しているという違いがあります。

「待遇」には「身分・立場に応じたもてなし(必ずしも特別待遇ではない)」のニュアンスがありますが、「優遇」の方は「特別に手厚いもてなし」のニュアンスがあるという違いがあります。

「優遇」と「優先」の違い

「優遇」「優先(ゆうせん)」の違いは、「優遇」「人よりも手厚い待遇・特別に良い扱いをすること」を意味しますが、「優先」の方は「他のものよりも先に扱うこと」を意味するという違いがあります。

「優先」の言葉は「優先度が高いこと」「他のものよりも順番が先であること」に意味の重点がありますが、「優遇」の方は「他のものよりも特別に有利な扱いをすること」に意味の重点がある違いがあります。

icon まとめ

「優遇」という言葉について徹底的に解説しましたが、優遇には「優先的に良い扱いをすること」「手厚くもてなすこと・有利な扱いをすること」などの意味があります。

「優遇」の類語・類義表現としては、「厚遇・歓待・もてなし」「特別扱い・特別の配慮・VIP待遇」などがあります。

「優遇」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。