意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「札束ビンタ」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

「札束ビンタ」という表現を知っているでしょうか。

よく漫画に出てくる言い回しでもありますね。

ここでは札束ビンタという表現について紹介していきます。

札束ビンタ

Meaning-Book
「札束ビンタ」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「札束ビンタ」とは?
  • 「札束ビンタ」の具体例(漫画での使用が一般的)
  • 「札束ビンタゲーム」とは?
  • 慣用句での「札束ビンタ」を使った例文と解釈


「札束ビンタ」とは?

札束ビンタ、というのはその名の通り、札束で相手の顔などを叩いて攻撃するという方法であり、金持ちだけが使える奥義とも言われています。

実際にはそこまで痛くないとも考えられていますが、お金に困っている相手に札束でビンタをすれば、それはかなりの嫌味になりますよね。

イヤミな成金というイメージを作るためにも、札束ビンタは効果的だと考えられています。

日本の場合、1000円札ならばレベル1、5000円札ならばレベル2、10,000円札ならばレベル3、と相手に与えるダメージが大きくなります。

  • 「札束ビンタ」の読み方

「札束ビンタ」の読み方

札束ビンタという表現は「さつたばびんた」と読みます。

札束という表現も併せて覚えておきましょう。

多額の金銭という意味で使われる表現です。



「札束ビンタ」の具体例(漫画での使用が一般的)

漫画の中では、お金に困っているキャラクターが描かれることもありますよね。

お金に困っている女の子が金持ちの成金男性に札束ビンタを食らうというシーンが漫画などで描かれる場合もあります。

実際に分厚い札束で相手のほっぺたを叩く、などというイラストが描かれることもありますね。

「札束ビンタゲーム」とは?

札束ビンタゲームというのは札束で殴るゲームとも言われることがあります。

まさに金でものを言わす亡者たちの泥沼の戦いとも言われており、元ネタは「札束で口を叩く」という演出です。

お金がなくて困っている人を札束で叩き、お金を粗末に扱うという非常に侮辱的なゲームであり、「従ったらお金をやろう」など、お金で選ぶ力や権力を操る様子を指しています。

つまり、戦うために得た強さは大金を払って得たものであるという意味になり、強さを得るために支払った大金そのもので殴り合っている、という状態を指す比喩としても使われます。



慣用句での「札束ビンタ」を使った例文と解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「札束ビンタ」の例文1
  • 「札束ビンタ」の例文2

「札束ビンタ」の例文1

「札束ビンタは実際に叩くとは限りません」

札束ビンタという表現は確かに札束でビンタをするという意味ですが、実際には金にものを言わせる、という意味で使われる慣用句でもあります。

金銭を与えて人を屈服させるという意味です。

お金が絡むと人間が変わるとも言われますよね。

お金を貸すと、人間関係に変化が出るということもあるでしょう。

それほどまでにお金は怖い力を持っているのです。

「札束ビンタ」の例文2

「あの人はいつも札束ビンタをするから気をつけて」

お金を持っているということを鼻にかけて人と接する人は、札束ビンタをしているということになります。

お金を使って人を操ろうとしているのであれば、それはまさに札束ビンタだと言えるでしょう。

icon まとめ

札束ビンタというと漫画の中の世界だと思う人もいるかもしれませんが、実際には金にものを言わせていることを札束ビンタというのです。

人にはしないように気をつけたいですね。