意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大量解雇」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

「大量解雇」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「大量解雇」という言葉の理解を深めていきましょう。

大量解雇

Meaning-Book
「大量解雇」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「大量解雇」とは?
  • 「大量解雇」の具体例
  • 「大量解雇」を使った例文と意味を解釈


「大量解雇」とは?

「大量解雇」とは沢山の人数を一度に解雇するという意味で使われます。

  • 「大量解雇」の読み方

「大量解雇」の読み方

「大量解雇」と書いて「たいりょうかいこ」と読みます。



「大量解雇」の具体例

「解雇」というのは使用者が雇用の契約を一方的に解約して、雇っている人を辞めさせることで、簡単に言えば「くびにする」という言葉が当てはまります。

例えば会社の業績が悪くなっていきなり「解雇」ということでは雇われている側も生活に困ります。

ですから労働基準法上では少なくとも30日前には伝えていなければならないとされており、これは「解雇予告」と言います。

とは言え一か月前に告げればくびにできるということに変わりはないわけです。

例えばアルバイト、パート、派遣といった「非正規雇用」の人たちを一度に解雇するということがあります。

「大量解雇」されるのはまずは「非正規雇用」の人たちからという厳しい現実もあります。

また正社員に「希望退職」を募ることもありますが、これも大人数になれば「大量解雇」と言われることになります。

「大量解雇」を使った例文と意味を解釈

それでは「大量解雇」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「大量解雇」を使った例文1
  • 「大量解雇」を使った例文2

「大量解雇」を使った例文1

「経営難による大量解雇が相次ぐ」

経営難になった時、経営者は雇っている人に給料を払うことが困難になりますので、辞めてもらうという方法をとることになります。

しかしいきなり「明日から来なくていい」などはできませんので少なくとも30日前に「解雇」することを伝えておかなくてはなりません。

雇われている側としては生活がかかっていますから困りますが、経営難による「大量解雇」はいつ起こるかわからないことです。

就職したからといって安泰ではなく、今は昔のような終身雇用は期待できないと思っていた方が賢明です。

「大量解雇」を使った例文2

「ハローワークに行くと、大量解雇された人が沢山いた」

「大量解雇」されますと、その地域のハローワークは「大量解雇」された人で混雑することが予想されます。

また大量に解雇する場合、その会社は雇用対策法に基づき、大量雇用変動届けというものをハローワークに提出する必要があります。

一つの事業所において一か月以内に30人以上の「解雇」がある場合です。



icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大量解雇」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「大量解雇」とは一度に沢山の人を解雇することを言います。

自分の意思で辞める場合は「解雇」という言葉は使わず通常の「退職」となります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使っていくようにしてください。