意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事業所閉鎖」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

「事業所閉鎖」とは、「事業を行っている施設・場所での事業活動をやめること」を意味する言葉です。

「事業所閉鎖」「意味・読み方・具体例・例文と解釈」について、詳しく説明していきます。

事業所閉鎖

Meaning-Book
「事業所閉鎖」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「事業所閉鎖」とは?
  • 「事業所閉鎖」の具体例
  • 「事業所閉鎖」を使った例文と意味を解釈


「事業所閉鎖」とは?

「事業所閉鎖」という言葉は、「事業(経済活動)を行っている施設・場所における事業活動をやめること」を意味しています。

「事業所閉鎖」というのは、企業・自治体の経営方針の転換や経営状態の悪化(によるリストラ)などによって、今まで各種事業を行っていた施設・場所を封鎖してその事業活動を停止することを意味しているのです。

「事業所閉鎖」とはその事業所の機能を停止して、従業員の立ち入りも禁止することであり、場合によっては事業規模縮小や従業員のリストラ(人員整理による配置転換・最悪は解雇)を伴うことになります。

  • 「事業所閉鎖」の読み方

「事業所閉鎖」の読み方

「事業所閉鎖」の読み方は、「じぎょうしょへいさ」になります。



「事業所閉鎖」の具体例

「事業所閉鎖」の具体例は、世界市場における液晶ディスプレイの競争激化や需要減少によって急激な経営悪化に見舞われたシャープの事業所閉鎖(工場閉鎖)を上げることができます。

経営を維持できないほどの売上減少が起こったため、それまで液晶ディスプレイを生産していた事業所(工場)の機能を停止して、非正規労働者を中心に一部の従業員を解雇することになりました。

  • 中小零細企業・公的機関の「事業所閉鎖」

中小零細企業・公的機関の「事業所閉鎖」

中小零細企業の「事業所閉鎖」の具体例になると、その会社そのものが経営破綻して倒産すること(経営も雇用も維持不可能になること)を意味していることが多くなってしまいます。

「事業所閉鎖」は国・自治体の役所の出先機関でも行われることがあり、その場合にも嘱託職員・派遣職員(有期雇用の職員)が間接的にリストラされることがあります。

正職員の公務員は解雇規制で保護されているため、「事業所閉鎖」によって解雇に追い込まれることは通常ありません。

「事業所閉鎖」を使った例文と意味を解釈

「事業所閉鎖」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「事業所閉鎖」を使った例文1
  • 「事業所閉鎖」を使った例文2

「事業所閉鎖」を使った例文1

「企業の経営悪化による事業所閉鎖では、立場の弱い非正規雇用の労働者から解雇されるリスクが高くなってしまいます」

この「事業所閉鎖」を使った例文は、「企業の経営悪化による事業を行っている施設における事業活動(経済活動)の停止では、立場の弱い非正規雇用の労働者から解雇されるリスクが高くなってしまう」ということを意味しています。

「事業所閉鎖」を使った例文2

「事業所閉鎖を避けるためには、何よりも事業そのものの需要と利益率を高めていかなければなりません」

この「事業所閉鎖」を使った例文は、「事業を行っている拠点の封鎖や事業活動の停止を避けるためには、何よりも事業そのものの需要と利益率を高めていかなければならない」ということを意味しています。



icon まとめ

「事業所閉鎖」という言葉について徹底的に解説しましたが、「事業所閉鎖」には「事業を行っている施設・場所での事業活動をやめること」などの意味があります。

「事業所閉鎖」の具体例についても紹介しています。

「事業所閉鎖」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。