意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「田端でバタバタ」とは?意味!

情報社会となりインターネットが必須となった現代では様々な言葉が飛び交い、生まれています。

そんな中、最近「田端でバタバタ」という言葉が流行っており、どのような言葉か紹介します。

田端でバタバタ

Meaning-Book
「田端でバタバタ」とは?意味!>


目次

  • 「田端でバタバタ」とは?
  • 「田端」とは?
  • 「田端でバタバタ」を使うときの注意点


「田端でバタバタ」とは?

「田端でバタバタ」という言葉はその言葉の通り田端にてバタバタすることを意味しています。

しかしこの言葉が生まれた経緯として「田端(たばた)」「バタバタ」の語呂を合わせたダジャレとして誕生しています。

またバタバタは実際に慌てふためいている場合もあれば冗談・語呂合わせのダジャレの意味の場合もあります。

そのため正しい意味・深い意味を含まないことが多いです。



「田端」とは?

「田端でバタバタ」という言葉を知る上でそもそも「田端」という言葉の意味を知る必要があります。

「田端」は東京都北区の一部地域の名称とされており、実際に田端駅という名前の駅も存在しています。

そのため「田端でバタバタ」は東京都北区でバタバタしていることとして解釈され、「田端」は地域を表す言葉とされています。

「田端でバタバタ」を使うときの注意点

「田端でバタバタ」という言葉はネット上で用いられる事が多い言葉です。

しかし実際に用いる際には冗談・ダジャレとしての使い方として認知されているため、相手にされない場合もあります。

またそもそもこの言葉の意味・解釈自体を知らない場合もあります。

その際にはどういう意味か冗談・ダジャレの説明を求められる可能性もあるため、注意が必要です。



icon まとめ

「田端でバタバタ」という言葉はネット上で人気の言葉として知られています。

しかし多くは冗談・ダジャレとしての用いられ方をしており、使う場面次第では寒いジョークとして処理されかねないため、注意が必要です。