意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「退屈」とは?意味や使い方!例文や解釈

「退屈」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「退屈」という言葉を使った例文や、「退屈」の類語を紹介して行きます。

退屈

Meaning-Book
「退屈」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「退屈」とは?
  • 「退屈」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「退屈」を使った例文や短文など
  • 「退屈」の反対語
  • 「退屈」の英語


「退屈」とは?

「退屈」という言葉を知っているでしょうか。

休日はいつも「退屈」という人もいるでしょう。

一方で、「退屈」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「退屈」という言葉の意味を紹介します。

  • 「退屈」の読み方
  • 「退屈」の意味

「退屈」の読み方

「退屈」「たいくつ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「退屈」「たいくつ」と読みましょう。

「退屈」の意味

「退屈」という言葉の意味を紹介します。

「退屈」には、「嫌気が差して飽きること」という意味があります。

休日に一人で家にいると、何もすることがないことが嫌になり、それ以上じっとしていられなくなるかもしれません。

このような状態を「退屈」と呼びます。

このように「退屈」には、「嫌気が差して飽きること」という意味があります。



「退屈」の類語や類似表現や似た言葉

次に「退屈」の類語や類似表現を紹介します。

「退屈」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「飽きる」
  • 「飽き飽きする」
  • 「うんざり」
  • 「倦怠」
  • 「三日坊主」

「飽きる」

「飽きる」には、「満足してそれ以上続けるのが嫌になる」という意味があります。

「食事に飽きる」という場合は、食事をしっかりとり、満足したため、それ以上食べられないという意味があります。

また「テレビに飽きる」という場合は、テレビを見足りたため、それ以上見るのが嫌になったという意味になります。

「飽き飽きする」

「飽き飽きする」には、「飽き果てる」という意味があります。

「飽きる」という段階を通り過ぎ、さらに「飽きた」と感じた時が、「飽き飽きする」になります。

すでに一年前に「飽きた」マンガを、さらに続けて読み続けていると、「飽き飽きする」かもしれません。

「うんざり」

「うんざり」という言葉もあります。

「うんざり」には、「同じことの繰り返しに飽きてしまい、嫌な気持ちになる」という意味があります。

例えば、説教が始まり、同じ注意を何度も受けていると、説教に飽きてしまい、さらに嫌な気持ちになるでしょう。

このような時の気持ちを「説教が長くてうんざりする」と表現できます。

「芝居が長くてうんざりする」「授業にうんざりする」などという使い方ができます。

「倦怠」

「倦怠」「けんたい」と読みます。

「倦怠」には、「飽きて嫌になること」という意味があります。

工場でバイトをしていて、流れ作業で簡単ではありますが、単純すぎて「倦怠」することがあります。

また夫婦生活が長くなると、二人でいることに飽きて嫌になることがあるかもしれません。

このような時期を「倦怠期」と言います。

「倦怠期」を乗り越えて、また新しい信頼関係を結ぶ夫婦もいるようです。

「三日坊主」

「三日坊主」には「すぐに飽きてしまい、長続きしないこと」という意味があります。

ダイエットが「三日坊主」という時は、ダイエットをしようと思ったものの、三日程度で飽きてしまったという意味になります。

「退屈」を使った例文や短文など

続いて「退屈」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「退屈」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「退屈」を使った例文1
  • 「退屈」を使った例文2

「退屈」を使った例文1

「田舎の景色に、『退屈』してしまう」

この例文のように、田舎の景色を見た時、嫌気が差してくることばあるかもしれません。

変わらない田園風景や、遠くに見える山並みを見ていると、飽きてくるかもしれません。

都会暮らしをしている人は、たまに田舎に来ると新鮮な気持ちになりますが、ずっと田舎暮らしをしている人は、その景色が当たり前すぎて「退屈」を感じるかもしれません。

「退屈」を使った例文2

「デート中に『退屈』し、別れを予感する」

この例文のように、デート中に「退屈」を感じたことがあるでしょうか。

一緒にいることに嫌気がさし、デートをしていることに飽きて、友達と会いたい、家で眠っていたいと感じたら、別れのサインかもしれません。

デートは基本的にワクワクし、楽しいものですから、このような状態でデートをする意味はないでしょう。



「退屈」の反対語

「退屈」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「退屈」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「没頭」
  • 「熱中」
  • 「心血を注ぐ」
  • 「熱に浮かされる」

「没頭」

「没頭」には、「そのことだけに集中すること」という意味があります。

「ゲームに没頭する」という言葉には、ゲームの世界だけに集中し、他のことが気にならない様子を意味します。

他にも「仕事に没頭する」という使い方があります。

「仕事に没頭する」と会社の同僚や物音が消えたように感じるかもしれません。

「熱中」

「熱中」には、「そのことに、心を集中すること」という意味があります。

「昆虫採集に熱中する」という場合は、昆虫を捕まえることに、心を集中するという意味になります。

他にも「社交ダンスに熱中する」「アイドルに熱中する」などという使い方をします。

「心血を注ぐ」

「心血を注ぐ」「しんけつをそそぐ」と読みます。

「心血を注ぐ」にいは、「全精神を込める」という意味があります。

「研究に心血を注ぐ」という場合は、全精神を、研究だけに集中させるという意味があります。

食事もとらず、研究室で研究を続ける博士などは、「心血を注ぐ」状態に入っているのかもしれません。

「熱に浮かされる」

「熱に浮かされる」という言葉には、「物事に夢中になる」という意味があります。

「外国の熱に浮かされる」という場合は、外国旅行に行き、外国の雰囲気に夢中になるという意味があります。

「退屈」の英語

「退屈」という言葉を英語にしたい時は、どうすればいいでしょうか。

「退屈」は英語で、“tedium”(ティーディアム)や、“boredom”(ボアダム)になります。

それぞれ「退屈」という意味があります。

このように「退屈」を英語にしたい時は、“tedium”や、“boredom”を使ってみましょう。

icon まとめ

「退屈」という言葉について見てきました。

何かをしている時、嫌気が差して飽きたと感じた時は、「退屈」という言葉を使ってみましょう。