意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「元運営者」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

この「元運営者」という表現は、そのまま解釈していいでしょう。

しかし、似た言葉との違いなどもあり、それほど簡単な言葉でもありません。

元運営者

Meaning-Book
「元運営者」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「元運営者」とは?
  • 「元運営者」の表現の使い方
  • 「元運営者」の類語と対義語
  • 「元運営者」を使った例文と解釈


「元運営者」とは?

「元運営者」は、その言葉の通り、以前に運営者だったことがあるという意味で使います。

この「元」という表現の場合、直近まで運営者だったという訳ではないので、その点に注意してください。

つまり、今の運営者が5代目だとすると、この「元運営者」という言い方だけでは、初代~4代目の誰かまでは分からないということです。

しかし、この例で4代目であれば、一般的には「前運営者」とするものなので、初代~3代目までの誰かだという可能性が高いと言えるでしょう。

  • 「元運営者」の読み方

「元運営者」の読み方

「元運営者」は、「もとうんえいしゃ」と読んでください。

「前運営者」は、「ぜんうんえいしゃ」です。

この何かの対象に「元」「前」と付ける使い方は、国会議員や大臣などといった公の立場でもよく見聞きします。

「元大臣」と使えば、それまでに何かしらの大臣に任命されたことがあるという意味になり、先の例のように、基本的には「前大臣」とは別だと考えていいでしょう。



「元運営者」の表現の使い方

元運営者は、運営者をしていたことがあるという意味の言葉です。

運営者と言っても、それだけでは、何かの社会的なシステムの運営者だったのか、またはスマホのゲームの運営者なのかといったことまでは分からないので、「○○の元運営者」という形にして使うべきでしょう。

尚、運営者とは言っても、責任者とは言っていないので、何人か居た運営者のうちの1人、もしくは上に運営責任者が存在して、その下という位置だったのかも知れません。

「元運営者」の類語と対義語

「元運営者」の類語は、前述した「前運営者」です。

上で書いたように、この「前運営者」とすると、直近まで運営者だった人のことになり、元運営者とは似て非なる言葉です。

これも説明の通り、「前運営者」「元運営者」には違いありません。

ただし、意味としてそのような含みがあるだけで、実際にはこの2つは使い分けられると解釈して構いません。

対義語は、「現運営者」(げんうんえいしゃ)になります。

こちらは現在(現役)の運営者のことです。



「元運営者」を使った例文と解釈

「元運営者」を使った例文と、その意味の解釈です。

この「元運営者」と遭えて名乗って出てくるからには、当時の何かの暴露があってもおかしくありません。

  • 「元運営者」の例文1
  • 「元運営者」の例文2

「元運営者」の例文1

「このゲームの元運営者が語るには、こんなにお金が掛かるゲームにするつもりはなかったそうだ」

運営者が変わった為に、お金が掛かるゲームになってしまったということですが、もし変わっていなかったとしても、運営状況からそうせざるを得なかった(結局、一緒だった)可能性もある為、それが直接の原因とは言い切れない部分もあります。

「元運営者」の例文2

「元運営者の話を聞く機会があったが、詳しいことは何も教えてくれなかった」

今はもう運営者ではなくとも、あまり色々なことは話せないと言っているようです。

当時の暴露などという話とは逆に、このような場合もあるものです。

icon まとめ

元運営者は、今はそれではない、更に、前運営者という訳でもない(それ以前の運営者)という意味だと覚えておいていいでしょう。