意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事務処理」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「事務処理」という表現を知っているでしょうか。

事務の仕事とは何が違うのでしょうか。

ここでは「事務処理」という表現について詳しく紹介していきます。

事務処理

Meaning-Book
「事務処理」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「事務処理」とは?
  • 「事務処理」の英語と解釈
  • 「事務処理」の表現の使い方
  • 「事務処理」を使った例文と意味を解釈
  • 「事務処理」の類語や類義語・言い換え


「事務処理」とは?

「事務処理」というのは会社や役所などにおいて書類を作成したり整理したりして始末をつける、という意味になります。

どの部署にいても、書類を作成しなければいけないことがありますよね。

一般的に仕事が早い人は「事務処理能力がある」などと言われることもあります。

  • 「事務処理」の読み方

「事務処理」の読み方

「事務処理」という表現は「じむしょり」と読みます。

一般的に使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「事務処理」の英語と解釈

事務処理 meaning in english

「事務処理」という表現を英語にすると“paper work”になります。

もちろんPowerPoint等の作成も「事務処理」に含まれることがありますし、データ入力などもありますのでペーパーワークという表現には違和感を感じる人もいるかもしれませんが、英語では一般的な表現になります。

「今は事務処理に追われています」ということであれば“I'm swamped with paperwork.”になります。

「事務処理」の表現の使い方

「事務処理」という表現はビジネスをする人であれば誰もが知っているのではないでしょうか。

1990年代にパソコンが導入されるようになり、「事務処理」のあり方も変化しつつありますよね。

データ入力等を派遣社員に頼むという会社も増え、もしかしたら自分自身で「事務処理」をする必要がないという人もいるかもしれません。

しかし文章を扱ったり記録を取ったり、書類や手紙等を作成したり、という仕事は全て「事務処理」に含まれますので、もしも「事務処理」をする役目があるならば丁寧にこなしていきたいものです。

「事務処理」という表現はあらゆる場面で使える言い回しです。



「事務処理」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「事務処理」を使った例文1
  • 「事務処理」を使った例文2

「事務処理」を使った例文1

「事務処理のスピードを上げることが大切です」

先ほども述べた通り、一般的に仕事ができる人というのは「事務処理能力が高い」「事務処理が早い」、と考えられています。

そのような人は必要のない無駄な作業をしないことも多く、優先順をつけて「事務処理」に当たっている傾向があります。

毎日何を優先的にしなければいけないのか、どの作業は時間がかかるのか、あるいは時間がかからないのか、などということを決めて効率的に仕事をすることが重要です。

それによって「事務処理」のスピードを上げることが可能となります。

「事務処理」を使った例文2

「事務処理の仕事を契約社員などに任せる場所もあるそうです」

確かに「事務処理」というのは一般的な仕事ですが、やはり書類の作成などは正社員がするのではなく、契約社員だとに任せているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、それでも書類の作成等は大切な仕事の1部ですし、敬語などの使い方も把握しておかなければいけません。

「事務処理」はしなくていいから、と割り切るのではなく、「事務処理能力」はそれなりに維持しておきたいものです。

「事務処理」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「事務的な問題」【じむてきなもんだい】
  • 「業務」【ぎょうむ】

「事務的な問題」【じむてきなもんだい】

事務的な問題というのは事務の上で生じる問題という意味です。

ここで何かしらの問題が生じてしまった場合、それは事務的な問題ということになります。

「業務」【ぎょうむ】

業務というのは職業や事業などにおいて継続してする仕事、という意味になります。

日常を継続して行われている職業上の仕事は全般に業務と呼ばれます。

icon まとめ

「事務処理」は地味な仕事ではありますが、非常に大切な仕事でもあります。

もしも「事務処理」をするときにはミスがないように気をつけなければいけません。