意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「幼馴染」とは?意味や使い方!例文や解釈

「幼馴染」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「幼馴染」という言葉を使った例文や、「幼馴染」の類語を紹介して行きます。

幼馴染

Meaning-Book
「幼馴染」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「幼馴染」とは?
  • 「幼馴染」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「幼馴染」を使った例文や短文など
  • 「幼馴染」を使った言葉と解釈

「幼馴染」とは?

「幼馴染」という言葉を知っているでしょうか。

「幼馴染」の顔が数人、浮かんできた人もいるでしょう。

一方で、「幼馴染」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「幼馴染」という言葉の意味を紹介します。

  • 「幼馴染」の読み方
  • 「幼馴染」の意味

「幼馴染」の読み方

「幼馴染」「おさななじみ」と読みます。

「幼」「おさな」「馴染」「なじみ」と読みます。

難しい読み方をするため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「幼馴染」「おさななじみ」と読みましょう。

「幼馴染」の意味

「幼馴染」には、どのような意味があるでしょうか。

「幼馴染」には、「幼い頃に、親しい間柄だった人」という意味があります。

例えば、幼稚園の時の同級生は「幼馴染」になります。

記憶の最初の頃に仲良く遊んでいた、近所の友達も、「幼馴染」になります。

その後、たとえ疎遠になったとしても、幼い頃に仲が良かった友達は「幼馴染」であることに変わりありません。

このように「幼馴染」には、「幼い頃に、親しい間柄だった人」という意味があります。

「幼馴染」の類語や類似表現や似た言葉

「幼馴染」の類語や類似表現を紹介します。

「幼馴染」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「竹馬の友」
  • 「幼友達」
  • 「古馴染み」
  • 「知己」

「竹馬の友」

「竹馬の友」「ちくばのとも」と読みます。

「竹馬の友」には「小さな頃から仲の良かった友達」という意味があります。

竹馬に乗って遊ぶのは小さな頃に限られますが、その時代の友達を「竹馬の友」と呼びます。

「幼友達」

「幼友達」「幼い頃の友達」という意味で、「幼馴染」とほとんど同じ意味になります。

小さな頃に隣のアパートに住んでいて、いつも一緒に遊んでいたような友達は「幼馴染」でもあり「幼友達」でもあります。

「古馴染み」

「古馴染み」「ふるなじみ」と読みます。

「古馴染み」には、「古くから交わってきた人」という意味があります。

特に友達と言えるような存在ではなくても、昔から知っていて、時には一緒に出掛けたり、仕事をしたりしたことがある人は、「古馴染み」と言えるでしょう。

「知己」

「知己」「ちき」と読みます。

「知己」には、「自分のことを良く知っている友達」という意味があります。

また「親友」という意味もあります。

飲み会などで、自分を理解してくれる、親友候補を見つけた時などに、酔って、「百年の知己を得た」などと叫ぶのは、「この人は百年に一度しか出会えないような、親友になる人だ」と興奮しているからです。

「幼馴染」を使った例文や短文など

「幼馴染」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「幼馴染」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「幼馴染」を使った例文1
  • 「幼馴染」を使った例文2

「幼馴染」を使った例文1

「恋愛マンガなどを読んでいると、『幼馴染』がいないことが残念になる」

この例文のように、異性の「幼馴染」がいないことを、残念に思った経験があるかもしれません。

恋愛マンガや恋愛映画などを見ると、近所に住む、素敵な異性の「幼馴染」が登場し、友達から恋愛関係になったりします。

また可愛い女友達や、カッコいい男友達と、楽しい子供時代を過ごしている場面を目にするでしょう。

このような関係性の男女がいることに憧れ、ふと自分に「幼馴染」がいないことに気付き、残念に思うことがあるのではないでしょうか。

「幼馴染」を使った例文2

「彼女は単なる『幼馴染』で、浮気相手ではない」

幼馴染と偶然再会すると懐かしくなり、一緒にお酒を飲みに行ったり、食事をする約束をするかもしれません。

またSNSで連絡を交換し合うなど、昔のような関係が戻ってくるかもしれません。

そのため相手が異性の場合、彼女や彼氏が、浮気相手だと疑うかもしれません。

「幼馴染」だと説明しても、都合のいい言い訳のようで、なかなか納得してくれないかもしれません。

「幼馴染」を使った言葉と解釈

「幼馴染」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「幼馴染」という言葉を使う時、頻繁に登場する言葉を紹介します。

  • 「幼馴染で親友」
  • 「幼馴染の少女(少年)」
  • 「幼馴染の関係が壊れる」
  • 「幼馴染で夫婦」

「幼馴染で親友」

「幼馴染で親友」という言葉には、「小さな頃から友達で、今も親友」という意味があります。

子供の頃から友達のまま、大人になる人がたまにいますが、とてもうらやましい関係ではないでしょうか。

地元で育ち、就職する、地元で家庭を持つなど、何かしらの条件がそろわないと、「幼馴染で親友」という関係は生まれないかもしれません。

「幼馴染の少女(少年)」

「幼馴染の少女」または「幼馴染の少年」には、「幼い頃に仲が良かった少女や少年」という意味があります。

ラブストーリーでも現実でも、そのような異性の友達がいると、恋愛ドラマが盛り上がることになります。

思春期を一緒に過ごし、「幼馴染」「恋人」の間を、行ったり来たりしたり、大人になって「幼馴染の少女」が魅力的な女性になって現れたりと、恋愛ドラマを盛りあげる要素が、「幼馴染の少女や少年」には詰まっているのではないでしょうか。

「幼馴染の関係が壊れる」

「幼馴染の関係が壊れる」という言葉を使う時は、恋愛関係に発展する時かもしれません。

例えば4人組の「幼馴染」がいて、その中で恋愛模様が繰り広げられるようになると、気まずい思いが募り、友達関係が解消してしまいます。

また男女の「幼馴染」が恋愛をして恋人になれば、相手は「幼馴染」ではなく「恋人」になります。

性格には「幼馴染で恋人」ですが、単なる幼い頃に仲が良かった二人ではなくなります。

「幼馴染で夫婦」

「幼馴染で夫婦」というケースもあります。

「幼馴染」の男女が、恋愛関係に発展し、最終的に夫婦になるケースです。

親同士も知っていて、兄弟同士も仲が良いため、スムーズに結婚生活に入れるのではないでしょうか。

icon まとめ

「幼馴染」という言葉について見てきました。

小さな頃から知り合いで、幼いころから仲が良かった友達を紹介する時などに、「幼馴染」という言葉を使ってみましょう。