意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知己」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「知己」の意味や類語を紹介します。

さらに「知己」を使った例文や言葉を紹介して行きます。

知己

Meaning-Book
「知己」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「知己」の意味とは?
  • 「知己」の類語や言い換え
  • 「知己」を使った例文
  • 「知己」を使った言葉


「知己」の意味とは?

「知己」という言葉を知っているでしょうか。

見た事もないと思う人もいるかもしれません。

以前は「知己」という言葉を使う人が多かったのですが、最近はそれほど「知己」という言葉に親しんでいる人が多いわけではありません。

そこで「知己」の読み方や意味を知っておきましょう。

  • 「知己」の読み方とは
  • 「知己」は「親友」という意味がある
  • 「知己」には「知り合い」という意味がある

「知己」の読み方とは

「知己」をどう読めばいいか分からずに戸惑う人もいるかもしれません。

「知己」「ちき」と読みます。

「己」「き」と読む事がなかなかありませんので、読み間違えをしやすいと思います。

これを機会に「知己」「ちき」と読めるようにしましょう。

ちなみに「己」「おのれ」とも読み、「自分」という意味があります。

つまり「知己」を直訳すると、「自分を知っている」という事になります。

続いて「知己」の意味を見て行きましょう。

「知己」は「親友」という意味がある

「知己」とは、大きく分けて2つの意味があります。

まず「自分の事を良く知っている友達」という意味で、「親友」のような意味があります。

先ほど「知己」の直訳を、「自分を知っている」としましたが、「親友」のような友達は、誰よりも自分の事を良く知っている友達でしょう。

「100年の知己ができた」という言い回しをして、「知己」ができたという事を喜ぶセリフがあります。

この言葉の意味は、「100年間付き合えるような親友ができた」という意味で、「一生付き合える親友ができて、私は嬉しい」という意味を含んでいます。

実際には一生付き合える親友になれるかどうかは、今後の展開しだいなのですが、とても気が合うと思われる人との出会いは嬉しいものです。

趣味のサークルや学生同士、仕事の関係者と意気投合した時は、「100年の知己ができた」と感動を伝えてみるのも良さそうです。

「知己」には「知り合い」という意味がある

「知己」には「親友」「特に親しい友達」「最高の友達」と言う意味があります。

もう一つの意味が「知人、知り合い」というものです。

「親友」「知人」では、親しさが大きく違うような気がしますが、「知己」という一つの言葉で両方を言い表す事ができます。

つまり知り合いから親友まで、親しさのグラデーションがありますが、すべての人を「知己」という言葉で表す事ができます。

逆に言えば、それほど親しくない、仕事の関係者などを「知己」と表現する事で、「知己」と言われた相手を喜ばす事も可能です。

このように「知己」は、知り合いから親友までを表現できる使いやすい言葉です。



「知己」の類語や言い換え

次に「知己」の類語や言い換えられる、似たような言葉を紹介して行きます。

「友達」「知り合い」という意味の言葉が、たくさん登場してきます。

  • 「親友」
  • 「竹馬の友」
  • 「フレンド」
  • 「幼なじみ」
  • 「旧友」

「親友」

「知己」の意味のひとつが「親友」ですので、二つの言葉はかなり近い言葉です。

「親友」は、「信頼し合える特に仲の良い友達」の事を指します。

「親友」という言葉は、学生時代から青年時代に頻繁に使われる言葉ですので、言葉の意味が広く浸透していると思います。

「親友」は友達の中でもベストと呼べるような存在なので、「親友がたくさんいる」というと、言葉に矛盾が出てしまいます。

たくさんの友達の中で、「この人が今のベストだ」と思える人を、「親友」と呼ぶようにすると良いでしょう。

「竹馬の友」

「知己」には古い友達、知り合いという意味もあります。

「竹馬の友」は、「竹馬で遊んでいた頃からの友達」という意味があります。

つまり、それくらい小さな頃から遊んでいる友達、「幼なじみ」という意味があります。

「竹馬で遊んだことなどない」という世代の人が多くなっていますので、「竹馬の友」はそれほど腑に落ちる言い回しではないかもしれません。

とはいえ「竹馬の友」は、古き良き時代の日本の風景を呼び起こさせる、素敵な言葉ではないでしょうか。

「フレンド」

友達全般の事を、「フレンド」と呼びます。

「知己」「親友」「フレンド」の範疇の中に入ります。

「フレンド」と呼ぶと、軽い感じがして、重い人間関係から解放されるような雰囲気になります。

また全世界的に意味が通用しやすい言葉ですので、覚えておきましょう。

「幼なじみ」

「知己」には、古くからの知り合いという意味があります。

「幼なじみ」は、まさに古くからの知り合いという意味の言葉です。

ただし、少なくとも小学生くらいからの知り合いでないと、「幼なじみ」とは呼べないかもしれません。

大学時代に知り合った友達は、現在どれだけ仲が良くっても「幼なじみ」のイメージとは離れてしまいますので注意しましょう。

「旧友」

古くからの友達の事を「旧友」と呼びます。

「知己」にも「旧友」と同じような意味がありますので、二つの言葉はとても似ているといえるでしょう。

大学時代に知り合った友達は、「幼なじみ」とはいえませんが、「旧友」という言葉で表現する事ができます。

様々な「友達」に関する言葉を知っていると、関係性を正確に表現する事が容易になります。

「知己」を使った例文

続いて「知己」を使った例文をチェックしてみましょう。

「知己」は友達を表現する時にピッタリの言葉です。

あなたの身の回りに、友達や親友がいたら、「知己」という言葉を使った文章にしてみましょう。

例えば、小さな頃から仲が良い友達がいたら、「彼は私の『知己』で、古い付き合いです」と文章にする事ができます。

また最近知り合った友達を自慢したい時は、「先日出会った趣味の釣り仲間は、最高に気が合う人だ。

今後もずっと仲良くできる、最高の『知己』に出会う事ができた」
という感じです。

このように「知己」という言葉を使う事で、誉れな様子を演出する事ができます。

「知己」という言葉は、親友から知り合いまで幅広く使える言葉ですから、全ての友達を言い表す時に使っても大丈夫です。



「知己」を使った言葉

最後に「知己」を使った言葉をチェックしてみましょう。

「知己」という言葉の意味を知った今なら、その言葉の意味がスムーズに頭に入ってくるはずです。

  • 「知己を得る」
  • 「知己の仲」

「知己を得る」

「知己を得る」という言葉があります。

この場合の「知己」「親友」という意味に近い、素晴らしい友達、最高の友達という意味があります。

つまり「知己を得る」という時は「私は最高の友達を得た!」という、喜びを含む言葉となります。

親友と呼べるような人と出会う事は、そう簡単な事ではありません。

その事が分かってから出会う親友との出会いは、「知己を得る」という特別な言葉を使いたいくらい、素晴らしい事です。

「知己の仲」

「知己の仲」という時は、「旧友」「幼なじみ」「竹馬の友」などの意味があります。

古くからの知り合い、または小さな頃からの友達の事を言います。

「彼とは知己の仲です」と紹介された人は、その人にとって大切な友達や知り合いである事が多いです。

「幼なじみです」と紹介するよりも、大人っぽい印象です。

またそれほど仲が良くない人に対しても、付き合いが長い場合は「知己の仲」という言葉を使う事があります。

icon まとめ

「知己」という言葉は「友達全般」に使える、とても便利な言葉だという事が分かりました。

「知己」という便利な言葉を知った上で、「親友」「旧友」「幼なじみ」「竹馬の友」などと、様々な言葉に使い分けてみると楽しいかもしれません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。