意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「異端児」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「異端児」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「異端児」という言葉を使った例文や、「異端児」の類語を紹介して行きます。

異端児

Meaning-Book
「異端児」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「異端児」とは?
  • 「異端児」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「異端児」を使った例文や短文など

「異端児」とは?

「異端児」という言葉を知っているでしょうか。

「○○界の異端児」などというフレーズを、ネットニュースなどで見たことがあるかもしれません。

一方で、「異端児」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「異端児」という言葉の意味を紹介します。

  • 「異端児」の読み方
  • 「異端児」の意味

「異端児」の読み方

「異端児」「いたんじ」と読みます。

少し読み方が難しいため、正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に、「異端児」「いたんじ」と読みましょう。

「異端児」の意味

「異端児」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「異端児」には、「ある分野で正統路線から外れていて、得意な存在として見られている人」という意味があります。

「○○界の異端児」と呼ばれることが多く、その世界にいる人の常識とはかけ離れた行動を取る人、考え方をしている人は、「異端児」と呼ばれやすい傾向にあります。

例えば「空手界」と聞けば、硬派な男の世界というイメージがあるでしょう。

運動服を着て「オス」としか言わないイメージすらあります。

もし、空手界に、普通の若者と同じような服装や話し方をする人がいて、その人が空手の実力も超一流だとしたら、「空手界の異端児」と呼ばれるかもしれません。

このように、「異端児」には、「ある分野で正統路線から外れていて、得意な存在として見られている人」という意味があります。

「異端児」の類語や類似表現や似た言葉

次に「異端児」の類語や類似表現を紹介します。

「異端児」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「変わり種」
  • 「型破り」

「変わり種」

「変わり種」には、「普通のものと違った種類」という意味があります。

また「普通の人とは違った特色や経歴を持つ人」という意味があります。

例えば大卒の社員しかいない会社に、中卒の社員がいると、「変わり種」と呼ばれるかもしれません。

「型破り」

「型破り」には、「一般的な形や方法にはまらないこと」という意味があります。

また「型にはまらない方法」「型破り」と言うこともあります。

「型破りな戦術」は、一般的に使用される戦術の枠に収まらない、特殊な戦術を指します。

また一般的な常識の枠を外れた生き方をする人を、「型破りな人物」と呼びます。

「異端児」を使った例文や短文など

続いて「異端児」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「異端児」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「異端児」を使った例文1
  • 「異端児」を使った例文2

「異端児」を使った例文1

「派手でちゃらちゃらしたイメージの、将棋界の『異端児』が登場した」

将棋界には、真面目で少し地味な棋士が活躍するイメージがあります。

そのイメージを覆すような、派手な服を着て、ちゃらちゃらしたイメージの棋士が活躍したら、「将棋界の異端児」と呼ばれるかもしれません。

「異端児」を使った例文2

「変わっているだけで、実力がなければ『異端児』とは呼ばれない」

この例文のように、その世界で単なる変り者だと思われている人は、「異端児」とは呼ばれません。

正統から外れているのに実力があるため、人々は無視できず「異端児」と呼びます。

服装やメイク、話し方などを考えてキャラ作りをしても、実力がなければ「異端児」とは呼ばれないということを覚えておきましょう。

icon まとめ

「異端児」という言葉について見てきました。

その世界において、正統から外れた特別な存在の人を見た時に、「異端児」という言葉を使ってみましょう。