意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「イッヌ」とは?意味!わかりやすく説明

ネットでは、元々二文字の言葉の間に「ッ」(っ)と入れて使うことが少なくありません。

この「イッヌ」もその1つです。

イッヌ

Meaning-Book
「イッヌ」とは?意味!わかりやすく説明>


目次

  • 「イッヌ」とは?
  • 「イッヌ」は犬!猫は?
  • 「イッヌかわヨ」とは?意味

「イッヌ」とは?

イッヌは、間の「ッ」を取って二文字に戻した「イヌ」(犬)のことです。

長い言葉を略すなら分かりますが、遭えて元より長い表現にしている為、わざわざ使うものでもありませんが、何故か若者の間ではSNSなどでよく使われている言葉です。

このような「ッ」(っ)を遭えて入れて若者が好んで使っているネット用語には、他に「マッマ」「パッパ」があり、それぞれ「ッ」がないと考えると簡単に意味が分かるでしょう。

「イッヌ」は犬!猫は?

猫のこともまた、「ネッコ」とよく使われます。

こちらはローマ字変換で“nekko”となるので打ちやすく、「イッヌ」より見掛けること言葉です。

「イッヌ」は、特に変換登録をしていないと、“ixtunu”としなければならず、咄嗟に打てるものでもありません。

その為、そこまでして使うものではないかも知れません。

また、「ヌッコ」という言葉を使うこともあり、こちらは「猫」「ぬこ」というスラングで呼ぶことからきています。

「イッヌかわヨ」とは?意味

「かわヨ」は、若者言葉で「かわいい」という意味で使います。

最後の「ヨ」はカタカナの「ヨ」ではなく、アルファベットの「E」を左右反転したものという扱いになっており、その発音の「イー」からきている言葉です。

「イッヌかわヨ」とすると、「犬かわいい」となり、犬の写真がアップされた際などによく使われます。

icon まとめ

イッヌやネッコのような言葉は、遭えて使うことはありませんが、相手に合わせてそのように使ったり、返すのもまた面白いのかも知れません。