意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目が回る」の慣用句での意味とは!類語や言い換え!例文や表現の使い方

「目が回る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「目が回る」という言葉を使った例文や、「目が回る」の類語を紹介して行きます。

目が回る

Meaning-Book
「目が回る」の慣用句での意味とは!類語や言い換え!例文や表現の使い方>


目次

  • 「目が回る」とは?
  • 「目が回る」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「目が回る」を使った例文や短文など

「目が回る」とは?

みなさんは「目が回る」という言葉を知っているでしょうか。

年度末などに「仕事が終わらなくて、目が回りそうだ」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「目が回る」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「目が回る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「目が回る」の読み方
  • 「目が回る」の意味

「目が回る」の読み方

「目が回る」「めがまわる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「目が回る」「めがまわる」と読みましょう。

「目が回る」の意味

「目が回る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「目が回る」には「めまいがする」という意味があります。

「お腹が空きすぎて、目が回る」という時は、「空腹のあまり、めまいがする」という意味があります。

また「目が回る」には、「非常に忙しい様子」という意味があります。

「仕事が忙しく、目が回りそうだ」という時は、「仕事がとても忙しい」という意味になります。

「目が回る」の類語や類似表現や似た言葉

次に「目が回る」の類語や類似表現を紹介します。

「目が回る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「仕事に追われる」
  • 「多忙」

「仕事に追われる」

「仕事に追われる」という言葉には、「やるべきことが多く、とても忙しい様子」という意味があります。

例えば忙しい部署に異動した時、「新しい部署で、仕事に追われている」などと自分の状態を表現できます。

「多忙」

「多忙」「たぼう」と読み、「とても忙しい様子」という意味があります。

「最近は多忙で、眠る時間もない」という場合は、「最近はとても忙しくて、十分な睡眠時間が確保できない」という意味になります。

「目が回る」を使った例文や短文など

「目が回る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「目が回る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「目が回る」を使った例文1
  • 「目が回る」を使った例文2

「目が回る」を使った例文1

「引越しが近づき、『目が回る』毎日だ」

この例文には、引越しが近づき、仕事に家事に、引越しの準備に、とても忙しいという意味があります。

このように「目が回る毎日」という言い回しを使うと、ずっと忙しいのだということが相手に伝わりやすいでしょう。

「目が回る」を使った例文2

「タスクを詰め込みすぎて、今日は『目が回る』」

この例文は、スケジュールを詰め込みすぎて、忙しすぎると感じている人の気持ちを文章にしたものです。

仕事ができる人でも、タスクが多すぎると、「目が回る」と表現したくなるほど、忙しくなるでしょう。

icon まとめ

「目が回る」という言葉について見てきました。

仕事や家事、プライベートでとても忙しいと感じた時、「目が回る」という言葉を使ってみましょう。