意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「損失を伴う」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「損失を伴う」という言葉を耳にしたことがあると思います。

この言葉は、日常生活の中で使われていますが、ビジネスのシーンでも出て来る表現です。

しかし、普段の会話の中で使われているので、この言葉の意味を改めて振り返る機会は少ないかもしれません。

そこで、今回は「損失を伴う」について説明をしていくことにします。

損失を伴う

Meaning-Book
「損失を伴う」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「損失を伴う」とは?
  • 「損失を伴う」の表現の使い方
  • 「損失を伴う」の英語と解釈
  • 「損失を伴う」を使った例文と意味を解釈
  • 「損失を伴う」の類語や類義語・言い換え

「損失を伴う」とは?

「損失を伴う」「ある行動をしたり、物事に関わることで、損失が発生してしまう」という意味があります。

特に「財産や利益などを失う可能性がある」という意味合いが含まれていることもあります。

  • 「損失を伴う」の読み方

「損失を伴う」の読み方

「損失を伴う」「そんしつをともなう」という読み方になりますが、普段の会話の中で使われる機会も少なくないので、ここでしっかりとチェックして忘れないようにしておきましょう。

「損失を伴う」の表現の使い方

「損失を伴う」とは「損害が発生する」という意味になるので、ある取り組みをすることで、損害を作ってしまうような場面で使われています。

特に株の売買などの取引で損失を出してしまう場合でも、用いられることが多い表現です。

「損失を伴う」の英語と解釈

損失を伴う meaning in english

「損失を伴う」を英語で表現すると、“with loss”という言葉で表現することができます。

「損失を伴う」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「損失を伴う」を使った例文を見て行きながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「損失を伴う」を使った例文1
  • 「損失を伴う」を使った例文2

「損失を伴う」を使った例文1

「ネットトレーディングは、必ずしも利益を生み出すだけでなく、損失を伴うこともあるビジネスです」

最近では、インターネットを使った個人的なビジネスをやっている人が増えています。

脱サラして本業としている人もいるくらいですが、常に儲かっているわけではありません。

時には「損失も伴う」場合もあり、長期的な視点で進めていくことが大切です。

「損失を伴う」を使った例文2

「新たな事業を進めていくためには、損失を伴うことも念頭に入れて取り組むことが必要です」

ビジネス業界では、多くの企業が新規事業に取り組もうとしていますが、その際には、様々な観点で調査していく必要があります。

その中には「損失の伴う」ケースもあるので、非常に慎重を期すことが大切です。

「損失を伴う」の類語や類義語・言い換え

「損失を伴う」を他の言葉で言い換えると、どのような言葉で表現することができるかを見ていくことにしましょう。

  • 「損害を被る(こうむる)」
  • 「痛手を受ける」
  • 「害をなす」

「損害を被る(こうむる)」

「損害を被る」とは「損失を受ける」「大きな損害を受けてしまう」という意味があり、「損失を伴う」と同じ意味で使われています。

「痛手を受ける」

「痛手を受ける」「損失を伴う」の類義語の1つとして挙げることができますが、「被害に見舞われる」という意味で解釈することができます。

この言葉も大きな被害を受けたり、損失を受けた時に耳にすることがあります。

「害をなす」

「害をなす」という言い方もありますが、「害や迷惑などを与えること」という意味で理解できる表現です。

「あいつが、害をなす存在だ」といったような言い回しで使われています。

icon まとめ

「損失を伴う」という表現は、ビジネスシーンで聞く機会が多い表現で、例文でもあったように株取引など金融業界で多用される印象があります。

しかし、金融だけでなく、企業の事業活動など、損益に関わる事象においては、必ずこの表現が出てきますので、言葉の意味を正しく理解して使うことが必要です。

事業では、利益を生み出すことが大前提なので、「損失を伴う」ような事業は中止するなり、撤退する選択肢を考えなければなりません。