意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優先」とは?意味や使い方!例文や解釈

ビジネスやプライベートで「優先」という言葉を良く使いますが、どの様な意味なのでしょうか。

類語や例文なども併せて紹介しますので参考にして下さい。

Meaning-Book
「優先」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「優先」とは?
  • 「優先」の表現の使い方
  • 「優先」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「優先」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「優先」の反対語
  • 「優先」の英語と解釈

「優先」とは?

「優先」の概要について紹介します。

  • 「優先」の読み方
  • 「他の人やものよりも大切に扱うこと」の意味
  • 「他の人やものよりも順序を前にすること」の意味
  • 「優先」の語源や由来
  • 「優先」と「重要」違い

「優先」の読み方

「優先」「ゆうせん」と読みます。

特に難しい読み方ではありませんが、「優」の漢字の書き間違いに注意しましょう。

「他の人やものよりも大切に扱うこと」の意味

その人やものが、他よりも価値があると見なしてとりわけ大切に扱うことを言います。

人により価値観が違いますので、時には周囲が納得しかねることもあります。

「仕事より趣味を優先する」「金額よりも品質を優先する」など幅ひろく使います。

「他の人やものよりも順序を前にすること」の意味

他の人やものよりも、ものごとの処理を先に扱うことを言います。

扱う側の意向や何らかの事情によるもので、時には近親者であったり身体的に不自由な点があったり、現在その処理や手続きを一刻も早くしないと生活が困難になる場合などが挙げられます。

「優先」の語源や由来

「優先」の語源は言葉の意味からきています。

「優」「すぐれる」と読み「他に勝る」「やわらぐ」「手厚い」「役者や芸人を表す言葉」などの意味があります。

「先」は多くの意味がありますが「順序の前の方」「先にするべき事柄」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「他に勝り前の順番にすること」という意味で使われる様になりました。

「優先」と「重要」違い

「優先」と似た意味の言葉に「重要」があります。

この2つは「大切に扱うこと」という意味は同じですが、使うタイミングが違ってきます。

「優先」「他よりも大切だと見なされて順序が前になること」という意味です。

それが重要かどうかは関係なく、単純に順番が先になることに対して使われます。

「重要」「そのものごとの本質が非常に大切だと見なされること」という意味です。

慎重に扱わなければならないものや、緊急度の高いものも含まれます。

その人やものごとが「重要」であるからこそ「優先」されると思って良いでしょう。

「優先」の表現の使い方

「優先」の使い方を幾つか紹介します。

  • 「優先順位」【ゆうせんじゅんい】
  • 「優先席」【ゆうせんせき】
  • 「最優先」【さいゆうせん】

「優先順位」【ゆうせんじゅんい】

複数あるものごとに対して重要度や緊急度により順番を付けることを言います。

ビジネスで「仕事の優先順位を付ける」のは大切なスキルのひとつとされています。

「優先順位」を付けることで効率的に作業が進む様になり、結果的に残業を減らせるのです。

「優先席」【ゆうせんせき】

公共の乗り物に設置されていることが多くなります。

以前は「シルバーシート」と呼ばれていて高齢者専用の座席というイメージが強かったのですが、近年「優先席」とのみ表示される様になり、高齢者だけではなく妊婦や障害を持つ人、体調の悪い人など必要に応じて利用できる様になっています。

「最優先」【さいゆうせん】

他の人やものごとより先んじて行うことの中でも、最も先にするべきことです。

重要度や緊急度が高く、すぐに処理をしないと良い結果が出なかったり、チャンスを逃してしまう可能性があります。

「優先」の類語や類似表現や似た言葉

「優先」の類語を紹介します。

  • 「先行」【せんこう】
  • 「プライオリティ」【ぷらいおりてぃ】
  • 「特別待遇」【とくべつたいおう】

「先行」【せんこう】

意味は「他の人に先だって行動すること」で、チケットを購入する際に一般の人に先駆けてファンクラブやチケットセンターの会員の受付を行う時に使われます。

「プライオリティ」【ぷらいおりてぃ】

英語で“priority”(優先順位)を表し、ビジネスでは良く使われる言葉です。

「プライオリティが高い」と言えば「優先度が高い」という意味で、その様に言われたらすぐに対応する必要があります。

「特別待遇」【とくべつたいおう】

「自分の身内やお気に入りの人を大切に扱うこと」という意味です。

他の人にはない好条件を付けたり、一目置かれる立場にすることを言います。

但し、本人に実力が備わっていないと周囲の反感を買うことになります。

「優先」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「優先」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「優先」を使った例文1
  • 「優先」を使った例文2

「優先」を使った例文1

「彼女は友情よりも彼氏を優先するので付き合いが悪い」

女友達が、彼氏ができたらデートを大切にする為に、誘っても断ったりドタキャンをする様になりました。

彼氏のデートを断れば嫌われてしまうかも知れないという不安があるせいです。

後から彼氏に誘われてもそちらを取るので、女友達の間で文句が出てしまっていることを表しています。

「優先」を使った例文2

「A社の見積もりを優先して出して欲しい」

営業が事務のスタッフにお願いする時のセリフです。

A社から見積もりを頼まれているのですが、もしもそれが好条件ならば取引の件数を増やして貰えそうな手ごたえでえす。

早目に話をすすめたいので、他よりも先に見積もりを作成して欲しいという意味です。

「優先」の反対語

「優先」の反対語を紹介します。

  • 「劣後」【れつご】
  • 「後回し」【あとまわし】
  • 「後塵を拝する」【こうじんをはいする】

「劣後」【れつご】

意味は「他の人やものよりも順番が後にくること」「他の人やものよりも劣っていること」という意味です。

こちらの言葉は意味が分りにくく、普段あまり使われることはありません。

「後回し」【あとまわし】

「他のものごとを先にして、その後に対応されるもののこと」という意味です。

順番を後にされた方の立場から見て言う言葉です。

「後塵を拝する」【こうじんをはいする】

意味は「人より遅れてしまうこと」「地位の高い人に従うこと」です。

元々は「偉い人の馬車が通過するのを見送り、その土ぼこりを被っている部下」という中国の故事からきた諺です。

「優先」の英語と解釈

“My priority is my family.”「私は家族を優先します」になります。

“priority”は日本語でも「プライオリティ」として使われるので覚えやすいでしょう。

icon まとめ

「優先」「他の人やものよりも大切に扱うこと」「他の人やものよりも順序を前にすること」という意味です。

他のものを差し置いてもするべきことやしたいことがあった時に使ってみましょう。