意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優先順位を間違える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「優先順位を間違える」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

何をするにしても優先順位は大切ですよね。

ここでは「優先順位を間違える」という言葉について紹介します。

Meaning-Book
「優先順位を間違える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「優先順位を間違える」とは?
  • 「優先順位を間違える」の表現の使い方
  • 「優先順位を間違える」の英語と解釈
  • 「優先順位を間違える」を使った例文と意味を解釈
  • 「優先順位を間違える」の類語や類義語・言い換え

「優先順位を間違える」とは?

「優先順位を間違える」というのは物事が優先される順番を間違えてしまう、という意味になります。

優先順位というのは物事が優先される順番を指しており、何かをこなしていくときには何が優先されるべきなのか、優先の順位付けをしていかなければいけませんね。

その順番を誤ってしまったときに「優先順位を間違える」という表現が使われます。

順位をつけていくためには相対的な重要度を考慮していかなければいけませんが、これは意思決定や計画につながっていく重要な行動になります。

ここで誤った順位をつけてしまい、本来ならばそこまで重要でないものを1番先にやってしまった、などという場合、あるいは本当にやるべきことを後回しにしてしまって時間がなかった、などという場合に優先順位を間違えるといいます。

「優先順位を間違える」の表現の使い方

「優先順位を間違える」という表現はビジネスでも日常生活でも使える言い回しです。

仕事において優先順位を間違えてしまったらいつまでたっても仕事が終わらないということもあるでしょう。

家事においても優先順位も間違えてしまったら、嫌なものばかりが残ってしまったなどということもあるかもしれません。

「優先順位を間違える」の英語と解釈

「優先順位を間違える」という表現を英語にすると“fail to prioritize one's tasks”になります。

優先順位をつけることを失敗した、つまり優先順位を間違えた、という意味になるのです。

「やらなくても良いことを先にやってしまい、優先順位を間違えた」ということであれば“"I did what I didn’t have to first. I failed to prioritize my work. ”になります。

「優先順位を間違える」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「優先順位を間違える」を使った例文1
  • 「優先順位を間違える」を使った例文2

「優先順位を間違える」を使った例文1

「受験勉強をするにあたって、科目の優先順位を間違えてしまいました」

高校であれ大学であれ、受験勉強するときには1つの科目だけではなく、あらゆる科目の勉強をしていかなければいけません。

つまり、苦手な科目にはより時間を避けるように工夫するものではないでしょうか。

その一方で、得意なものは勉強しやすいですから、つい得意なものばかり勉強してしまい、その結果苦手な科目を勉強する暇がなかった、などという人もいるのではないでしょうか。

きちんと優先順位をつけることが重要です。

「優先順位を間違える」を使った例文2

「仕事において優先順位を間違えたら誰かに相談してください」

仕事では常に優先順位を間違えないように対応していかなければいけませんが、万が一優先順位を間違えてしまうと、やらなければ良いことを先にやってしまった、そればかりか本来ならばやるべきことを終わらせられなかった、などということもあるかもしれません。

その場合は1人であたふたし、仕事が終わらないという状態に陥るよりも、誰かに相談して助けを求めるということも重要です。

「優先順位を間違える」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「やるべきことを後回しにする」【やるべきことをあとまわしにする】
  • 「優先度を間違える」【ゆうせんどをまちがえる】
  • 「優柔不断」【ゆうじゅうふだん】

「やるべきことを後回しにする」【やるべきことをあとまわしにする】

やるべきことを後回しにする、というのは先延ばし行動とも言われており、本来やらなければいけないことを先にやらない、後にする、という意味になります。

長い目で見ると、極端な先延ばし行動は結婚生活の破綻や失業など、様々な問題を引き起こしてしまう可能性が高まります。

「優先度を間違える」【ゆうせんどをまちがえる】

優先度を間違える、というのは優先順位を間違えてしまうということです。

優先度という言葉には他のものより先に扱う度合いという意味があり、優先度を間違えるというのはまさに「優先順位を間違える」という意味になります。

「優柔不断」【ゆうじゅうふだん】

優柔不断というのは気が弱くて決断力に乏しいという意味になります。

決断力に欠けてしまうと、「優先順位を間違える」ということもあるのではないでしょうか。

icon まとめ

仕事をするにしても家事をするにしても、優先順位は間違えないようにしたいものです。

やるべき事はどれだけ大変であっても先にする、という習慣をつけたいですね。