意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優先課題」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「優先課題」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「優先課題」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「優先課題」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「優先課題」とは?意味
  • 「優先課題」の表現の使い方
  • 「優先課題」を使った例文と意味を解釈
  • 「優先課題」の類語や類義語


「優先課題」とは?意味

「優先課題」というのは重要度が高い事案という意味であり、「最優先課題」と言われることもあります。

例えば、日本国内においては少子高齢化の問題が深刻化しており、この問題の解決が「優先課題」だと言われています。

このままでは高齢者たちを支える労働人口が減ってしまいますし、今の子供たちが大きくなった頃には年金がなくなってしまう可能性があるなどという問題が指摘されています。

そのため、どのようにして増えた高齢者をサポートするか、どのようにして子供を増やすか、ということが「優先課題」として指摘されているのです。

  • 「優先課題」の読み方
  • 「優先課題」とは?

「優先課題」の読み方

「優先課題」「ゆうせんかだい」と読みます。

「優先課題」とは?

皇室のニュースに関心を持っている人もいるのではないでしょうか。

今の日本は男性しか天皇になれませんが、このままでは秋篠宮様、そして悠仁様が皇位継承権を持つのみであり、今では天皇家が途絶えてしまうという問題があります。

そのため、政府は女性天皇や女系天皇、あるいは女性宮家の創設を考えていかなければいけません。

これらは深刻な問題であり、まさに「優先課題」だと言えるでしょう。



「優先課題」の表現の使い方

「優先課題」の表現の使い方を紹介します。

「優先課題」というのは優先されるべき問題に対して使われる表現です。

例えば、政府は様々な問題を解決していかなければいけませんが、全て同時に解決するというわけにはいきません。

例えば2020年の東京オリンピックについても考えていかなければいけませんし、毎年のように台風で被害が起こっている地域に関しても考えていかなければいけません。

先ほども述べた通り、少子高齢化に対しても対策を練っていかなければいけませんし、将来の皇室をどうするのかということも考えていかなければいけないのです。

そのような中で、何が1番大切なのか、問題を優先にしなければいけないのか、ということが大切になります。

大切にしなければならない問題、優先に解決しなければならない問題が「優先課題」になります。

「優先課題」を使った例文と意味を解釈

「優先課題」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「優先課題」を使った例文1
  • 「優先課題」を使った例文2

「優先課題」を使った例文1

「いじめの解決は何よりも優先課題です」

いじめはあってはならないものです。

学校は水面下でいじめが起こっていないか調査をしているところも多く、いじめが起こっている可能性があったらその問題を解決していかなければいけません。

学校が見て見ぬふりをしたり、相手にしなかったり、ということがあればそれらは人権問題にもつながります。

いじめの解決は優先されなければならない問題だといえます。

「優先課題」を使った例文2

「この会社の経営を立て直すことが優先課題です」

会社を経営していると、様々な問題を解決していかなければいけません。

しかしその一方で、もしも資金が足りない、赤字になっている、などということであれば、その経営を立て直すことが「優先課題」になります。

まずは経営がしっかりしていなければ何も始められません。



「優先課題」の類語や類義語

「優先課題」の類語や類義語を紹介します。

  • 「最重要事項」【さいじゅうようじこう】
  • 「緊急の問題」【きんきゅうのもんだい】

「最重要事項」【さいじゅうようじこう】

「最重要事項」というのは最も優先してやるべき仕事や課題を指しており、「最優先事項」「喫緊の課題」などとも言われます。

「最重要のタスク」と言われることもあります。

「緊急の問題」【きんきゅうのもんだい】

「緊急の問題」というのは物事が急を要することを表します。

「急務」「急な仕事」などとも呼ばれます。

icon まとめ

「優先課題」というのはビジネスにおいてよく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。

物事には優先順位をつけてしっかりと解決していかなければいけません。