意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「最優先」とは?意味や類語!表現の使い方!

何かの順番を決める時に使われる言葉の中で、一番見聞きするのがこの「最優先」です。

最優先

Meaning-Book
「最優先」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「最優先」とは?
  • 「最優先」の表現の使い方
  • 「最優先」の英語と解釈
  • 「最優先」の類語や言い換え
  • 「最優先」を使った例文と意味を解釈


「最優先」とは?

「最優先」(さいゆうせん)とは、一番最初に行うべきという意味の言葉です。

先のように、物事の順番に対して使う言葉で、まずそれを行わなくてはいけないという場合だけでなく、それが一番大切だという意味で使うこともできます。

何かを行う時に使う例では、「英語の勉強が最優先だ」のような形になり、他の教科の勉強より英語が一番大切だという意味になります。

一番大切なことだと用いる時には、「安全を最優先して作業して欲しい」といった使い方になります。



「最優先」の表現の使い方

「優先」には、何かより先に行う(それよりも注意する)という意味があり、その中でも「最も優先するべき」と表現しているのが「最優先」です。

「優先順位」という使い方がありますが、これは、行うべき(注意、気を付けるべき)順番という意味で、「最優先」はその順位が一番だということです。

それよりも大切なことはないと使う言葉だと覚えておきましょう。

「最優先」の英語と解釈

最優先 meaning in english

最優先は、英語では“top priority”と表現します。

“priority”は上で挙げた「優先順位」という意味の言葉で、その中でも一番だとして“top”と頭に付けて使います。

「速さを最優先する」は、“Top priority to speed.”となり、「品質が最優先だ」は、“Quality is top priority.”です。

“paramount”「最優先」という意味で使うことができますが、こちらの場合は「最高の」という意味でも使う言葉なので、「最優先」として使うにはケースを選びます。

例えば、“That seems to have been made with a paramount on luxury.”とすると、「あれは高級感を最優先して作られたようだ」となります。

このように、「最高の」というニュアンスが含まれる場合に使ってください。



「最優先」の類語や言い換え

最優先と同じく、「一番大切だ」という意味で使う言葉です。

こちらの場合は、行うことより、物事の取り決めに対して使うことが多いです。

  • 「最重要」(さいじゅうよう)

「最重要」(さいじゅうよう)

「最も重要」という意味になり、「安全が最優先だ」は、この「最重要」を使って「安全が最重要だ」とそのまま言い換えることができます。

また、「最優先」と合わせて、「それが最優先で最重要だ」などと使われることもある言葉です。

どちらも同じ意味なので、重複させて使う必要はありませんが、それだけその対象が大切だと言いたい時に、遭えて重ねて使っていると考えてください。

この使い方はそれなりに見掛ける形で、特に誤用とはなりません。

「最優先」を使った例文と意味を解釈

最優先を使った例文と、その意味の解釈です。

いくつかの使い方の例は既に挙げましたが、それらとは別の使い方を挙げてみます。

  • 「最優先」を使った例文

「最優先」を使った例文

「あれだけ最優先にと言ったのに、どうやら後回しにしていたらしい」

何かを一番先に行うようにと言っていたのに、そうはしていなかったことに対して怒って使っている例になります。

このような使い方もされる言葉で、何かの順番を聞いた際に、一言「最優先」とだけ返答に使うようなことも少なくありません。

その場合には、もちろん「一番だ」という意味です。

icon まとめ

最優先は、それを一番最初に、一番大切にと表現する為に使う言葉です。

優先順位が一番のことだと覚えておけば間違いないでしょう。

「それより優先する対象(こと)はない」と解釈して使ってください。