意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「後回し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「後回し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「後回し」という言葉を使った例文や、「後回し」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「後回し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「後回し」とは?意味
  • 「後回し」の表現の使い方
  • 「後回し」を使った例文や短文など
  • 「後回し」の類語や類義語・言い換え


「後回し」とは?意味

「後回し」には、「順番を変えて、後に遅らせること」という意味があります。

  • 「後回し」の読み方

「後回し」の読み方

「後回し」の読み方は、「あとまわし」になります。

「うしろまわし」などと読み間違えないようにしましょう。



「後回し」の表現の使い方

「後回し」の表現の使い方を紹介します。

「後回し」には「順番を変えて、遅らせること」という意味があります。

そのため、そのようにしている場面を見た時に、「後回し」という言葉を使ってみましょう。

例えば、家事をする時に、トイレ掃除をしようとした人が、先に片づけをしようとする時、順番を変えてトイレ掃除をするのを遅らせたということになります。

そのため、「トイレ掃除を後回しにする」と、「後回し」を使って表現できます。

「後回し」を使った例文や短文など

「後回し」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「後回し」を使った例文1
  • 「後回し」を使った例文2

「後回し」を使った例文1

「夏休みの宿題を『後回し』にして、まずは遊びまくる」

この例文のような夏休みを過ごした人もいるかもしれません。

この文章には、本来なら夏休みの宿題を先に終わらせるべきところを、宿題をするのを送らせて、先に遊ぶことにしたという意味があります。

このような様子を、「宿題を後回しにする」と言います。

人は嫌なことを「後回し」にする傾向があるため、「仕事を後回しにする」「運動を後回しにする」などという文章を作れます。

「後回し」を使った例文2

「恋愛を『後回し』にして、年齢を重ねたら、40歳独身になってしまった」

この例文は、恋愛をしてもいいタイミングが合っても、仕事や遊びを優先してしまったため、いつのまにか40歳になり、しかも独身のままだったという意味があります。

このように「恋愛」のような、楽しいことを「後回し」にしてしまう人もいるでしょう。



「後回し」の類語や類義語・言い換え

「後回し」の類語や類似を紹介します。

  • 「捨て置く」【すておく】
  • 「保留する」【ほりゅうする】

「捨て置く」【すておく】

「捨て置く」には「捨てておく」「ほうっておく」という意味があります。

「洗濯ものを捨て置く」には、「洗濯ものをほうっておく」という意味があります。

「保留する」【ほりゅうする】

「保留する」には、「そのまま保ちとどめておく」という意味があります。

「電話を保留する」という言葉には、「電話を切らずに、そのままにしておく」という意味があります。

他にも「仕事を保留する」「約束を保留する」などという使い方をします。

icon まとめ

「後回し」という言葉について見てきました。

順番を変えて後に遅らせる様子を見た時、「後回し」という言葉を使ってみましょう。