意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目を光らせている」とは?意味!例文を解釈

「目を光らせている」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「目を光らせている」という言葉を使った例文や、「目を光らせている」の類語を紹介して行きます。

目を光らせている

Meaning-Book
「目を光らせている」とは?意味!例文を解釈>


目次

  • 「目を光らせている」とは?
  • 「目を光らせている」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「目を光らせている」を使った例文や短文など

「目を光らせている」とは?

「目を光らせている」という言葉を知っているでしょうか。

子供と海に行った時などに、子供の動向に「目を光らせた」経験があるかもしれません。

一方で、「目を光らせている」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「目を光らせている」という言葉の意味を紹介します。

  • 「目を光らせている」の読み方
  • 「目を光らせている」の意味

「目を光らせている」の読み方

「目を光らせている」「めをひからせている」と読みます。

「目を」「めを」「光らせている」「ひからせている」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「目を光らせている」の意味

「目を光らせている」には、どのような意味があるでしょうか。

「目を光らせている」には、「不正が行われていないか、注意して見張る」、または「欠陥が生じていないか、注意して見張る」という意味があります。

また「危ないものと判断して警戒する様子」という意味もあります。

「目を光らせている」の類語や類似表現や似た言葉

「目を光らせている」の類語や類似表現を紹介します。

「目を光らせている」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「警戒する」
  • 「危ぶむ」

「警戒する」

「警戒する」には、「危険や災害に備え、用心すること」という意味があります。

犯罪が起こらないよう「警戒する」などという使い方をします。

「危ぶむ」

「危ぶむ」には、「事の成り行きが、悪い結果になることを不安に思う」という意味があります。

「卒業を危ぶむ」という場合は、卒業できないかもしれないと不安に思う、という意味があります。

「目を光らせている」を使った例文や短文など

次に「目を光らせている」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「目を光らせている」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「目を光らせている」を使った例文1
  • 「目を光らせている」を使った例文2

「目を光らせている」を使った例文1

「万引きが行われていないか『目を光らせている』パトロール隊」

この例文は、スーパーなどで万引き犯がいないかどうか、パトロール隊が見張っている様子を文章にしたものです。

パトロール隊など、犯罪を防止しようとする人の様子は「目を光らせている」と表現できます。

「目を光らせている」を使った例文2

「不良品がないかどうか、工場の責任者が『目を光らせている』」

この例文では、工場で作られている製品に、不良品がないかどうか、責任者が見張っている様子を文章にしたものです。

このように、欠陥がないかどうか見張る時、「目を光らせている」という言葉を使います。

icon まとめ

「目を光らせている」という言葉について見てきました。

何かに対して、誰かが見張っている様子がある時、「目を光らせている」という言葉を使ってみましょう。