意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ボーカリスト」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「ボーカリスト」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「ボーカリスト」という言葉の理解を深めていきましょう。

ボーカリスト

Meaning-Book
「ボーカリスト」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「ボーカリスト」とは?
  • 「ボーカリスト」の表現の使い方
  • 「ボーカリスト」の英語と解釈
  • 「ボーカリスト」を使った例文と意味を解釈
  • 「ボーカリスト」の類語や類義語・言い換え

「ボーカリスト」とは?

「ボーカリスト」とは歌手、声楽家という意味の言葉です。

「ボーカリスト」の表現の使い方

「ボーカリスト」とは歌手、声楽家という意味で使う言葉なのですが似たような言葉に「シンガー」という言葉があります。

「シンガー」も意味としては声楽家、歌手、歌い手ということですから同じなのですが、使い分けるポイントとしてはバンドなどの場合は「ボーカリスト」で、通常一人で歌っている場合は「シンガー」となるようです。

「シンガーソングライター」などと言ったりもします。

バンドの場合はギター、ドラム、ベース、ボーカルなど担当する人がいます。

「ボーカリスト」と言いますとバンドをしていて歌っている人といった印象が強い言葉です。

「ボーカリスト」の英語と解釈

ボーカリスト meaning in english

「ボーカリスト」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“a vocalist”と言います。

「ボーカリスト」を使った例文と意味を解釈

それでは「ボーカリスト」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「ボーカリスト」を使った例文1
  • 「ボーカリスト」を使った例文2

「ボーカリスト」を使った例文1

「君はボーカリスト目指しているの?」 「ボーカリスト」という言葉はバンドの中の歌う人という意味合いで使われるイメージです。

一人で歌う場合は「ボーカリスト」という言葉ではなく「シンガー」「歌手」などと言う方が多いのではないでしょうか。

「ボーカリスト」を使った例文2

「ボーカリストだから、喉にはすごく気を使っているみたいね」 「ボーカリスト」とは歌手ですから、喉が大事です。

普通の人以上に乾燥しないように気をつけたり、たばこなどは吸わないようにと気を使っていることでしょう。

「ボーカリスト」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「ボーカリスト」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「歌い手」【うたいて】
  • 「バンドシンガー」【ばんどしんがー】
  • 「シンガー」【しんがー】

「歌い手」【うたいて】

「歌い手」とは歌う人、歌手のことです。

また上手に歌う人のことを言います。

「なかなかの歌い手だね」「私は一生、歌い手としてやっていきたいのです」などと使います。

「バンドシンガー」【ばんどしんがー】

「ボーカリスト」という言葉はバンドで歌う人といった意味合いで使われるのですが、別の言い方をするとしたら「バンドシンガー」という言葉もあります。

「バンドで歌う人」といった意味合いです。

「バンドシンガーとしてもやっていましたが、あまりバンドには向いてないようです」「彼は週末の夜はバンドシンガーとしても活動しているんだよ」という風に使います。

「シンガー」【しんがー】

「ボーカリスト」は歌手という意味です。

同じく「シンガー」も歌手、歌を歌う人のことです。

「シンガーソングライターとして売れるかどうかはわからない」「人気シンガーの仲間入り」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ボーカリスト」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「ボーカリスト」とは歌手のことです。

バンドでボーカル担当の人のことは「シンガー」とは言わず「ボーカリスト」と言います。

どちらも英語ですが日本語に訳せば意味は同じく「歌手」となります。

単独で歌っている人は「シンガー」バンドで歌っている人は「ボーカリスト」と区別して使うといいでしょう。

言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。