意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「着眼点を養う」とは?意味!使い方

「着眼点を養う」とは、「目の付け所を段階的に作り上げること」を意味する言葉です。

「着眼点を養う」「意味・読み方・使い方・養うの意味・例文と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

着眼点を養う

Meaning-Book
「着眼点を養う」とは?意味!使い方>


目次

  • 「着眼点を養う」とは?
  • 「着眼点を養う」の表現の使い方
  • 「着眼点を養う」の「養う」とは?
  • 「着眼点を養う」を使った例文と意味を解釈

「着眼点を養う」とは?

「着眼点を養う」という言葉は、「目の付け所を段階的に鍛え上げること」「注目すべきポイントを見抜く眼を次第に育て上げること」を意味しています。

「着眼点を養う」というのは、「必要な学習をしたり人生経験を積み重ねたりして、注目すべきポイントを見抜く能力(眼)を少しずつ育て上げること」を意味している表現なのです。

  • 「着眼点を養う」の読み方

「着眼点を養う」の読み方

「着眼点を養う」の読み方は、「ちゃくがんてんをやしなう」になります。

「着眼点を養う」の表現の使い方

「着眼点を養う」の表現の使い方は、「学習・経験・人間関係などを通じて、目の付け所を段階的に鍛え上げる場合」に使うという使い方になります。

「着眼点を養う」という表現は、「物事・人物を見る時に注目すべきポイントを見定める能力を次第に育て上げる」という意味で使われる表現なのです。

例えば、「効果的な図式を生み出す着眼点を養うことができれば、カメラの撮影技術は格段に上達してきます」といった文章において、「着眼点を養う」という表現を正しく使うことができます。

「着眼点を養う」の「養う」とは?

「着眼点を養う」「養う」には、「自分の収入で家族・子供などが生活できるように扶養すること」「子供を育てる・養育する」「食物を与えて動物を飼う」といった一般的な意味があります。

しかし、「着眼点を養う」という表現における「養う」の意味は、「段階的に育てて蓄えること」「能力・習慣を次第に育て上げていくこと、作り上げていくこと(鍛え上げていくこと)」になります。

そのため、「着眼点を養う」という表現は、「(問題解決・作品制作などに役立つ)目の付け所を段階的に育て上げること、作り上げること」を意味しているのです。

「着眼点を養う」を使った例文と意味を解釈

「着眼点を養う」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「着眼点を養う」を使った例文1
  • 「着眼点を養う」を使った例文2

「着眼点を養う」を使った例文1

「マスメディアの言論人・論客として活躍したいのであれば、着眼点を養う必要性があるでしょう。」

この例文は、「マスメディアの言論人・論客として活躍したいのであれば、ニュース・社会問題などに対する目の付け所を次第に鍛え上げていく必要性があるだろう」ということを意味しています。

「着眼点を養う」を使った例文2

「着眼点を養うということは、物事や人物の本質を見抜くことにもつながっているのです。」

この例文は、「注目すべきポイントを見極める眼を少しずつ作り上げるということは、物事や人物の本質を見抜くことにもつながっている」ということを意味しています。

icon まとめ

「着眼点を養う」という言葉について徹底的に解説しましたが、「着眼点を養う」には「目の付け所を段階的に鍛え上げること」「注目すべきポイントを見極める眼を次第に作り上げること」などの意味があります。

「着眼点を養う」「養う」の意味は、「段階的に作り上げる(鍛え上げる)」「次第に育て上げる」になります。

「着眼点を養う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。