意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「着眼点が違う」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「着眼点が違う」とは、「目の付け所が異なっている」「注目しているポイントが違う」を意味する表現です。

「着眼点が違う」「意味・読み方・使い方・分解した解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

着眼点が違う

Meaning-Book
「着眼点が違う」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「着眼点が違う」とは?
  • 「着眼点が違う」の表現の使い方
  • 「着眼点が違う」を分解して解釈
  • 「着眼点が違う」を使った例文と意味を解釈
  • 「着眼点が違う」の類語や類義語・言い換え

「着眼点が違う」とは?

「着眼点が違う」という表現は、「目の付け所(狙い)が異なっている」「注目しているポイントが違う」ということを意味しています。

「着眼点が違う」の表現は、「目の付け所(=注目してねらっている所)が一般の人とは違っている」というニュアンスを持っている表現として意味を解釈できるのです。

  • 「着眼点が違う」の読み方

「着眼点が違う」の読み方

「着眼点が違う」の読み方は、「ちゃくがんてんがちがう」になります。

「着眼点が違う」の表現の使い方

「着眼点が違う」の表現の使い方は、「一般の人とは目の付け所(注目しているポイント)が異なる場合」に使うという使い方になります。

「着眼点が違う」という表現は、「価値・意味を見出す視点(物事の見方)が一般の人とは異なっている場合」にポジティブな意味合いで使われる表現なのです。

例えば、「プロの鑑定士は、やはり美術品を眺める時の着眼点が違います」といった文章において、「着眼点が違う」という表現を正しく使用することができます。

「着眼点が違う」を分解して解釈

「着眼点が違う」という表現を「着眼点(ちゃくがんてん)」「違う(ちがう)」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

  • 「着眼点」
  • 「違う」

「着眼点」

「着眼点」という言葉は、「目の付け所・注意を集中すべきポイント・ねらい(ねらっている場所)」を意味しています。

「着眼点」というのは、「眼(視線)を着ける点」ということから「視線・注意を集中させているポイント」を意味する言葉なのです。

「違う」

「違う」という言葉は、「二つのものを比べて同じ(同一)ではないこと、異なっていること」を意味しています。

「着眼点+違う=着眼点が違う」の表現は、「目の付け所が(一般の人とは)良い意味で異なっていること」を意味しているのです。

「着眼点が違う」を使った例文と意味を解釈

「着眼点が違う」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「着眼点が違う」を使った例文1
  • 「着眼点が違う」を使った例文2

「着眼点が違う」を使った例文1

「学問の専門家は、専門分野について言及する時には着眼点が違っています。」

この例文は、「学問の専門家は、専門分野について言及する時には一般人とは目の付け所が違っている」ということを意味しています。

「着眼点が違う」を使った例文2

「あなたと私は着眼点が違いますが、あなたの言いたい内容は理解しているつもりです。」

この例文は、「あなたと私はねらっている所が違うが、あなたの言いたい内容は理解しているつもりである」ということを意味しています。

「着眼点が違う」の類語や類義語・言い換え

「着眼点が違う」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「目の付け所が違う」
  • 「注目しているポイントが異なる」
  • 「価値を見出す視点が違う」

「目の付け所が違う」

「着眼点が違う」の類語・言い換えとして、「目の付け所が違う」があります。

「着眼点が違う」の表現は、「目の付け所(注目している場所)が異なっている」ということを意味しています。

その意味合いから、「着眼点が違う」の表現は「目の付け所が違う」という表現で言い換えられるのです。

「注目しているポイントが異なる」

「着眼点が違う」の類義語・言い換えとして、「注目しているポイントが異なる」があります。

「着眼点が違う」という表現は、「注目している場所・ねらいが異なる」ということを意味しています。

その意味合いから、「着眼点が違う」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「注目しているポイントが異なる」を指摘できます。

「価値を見出す視点が違う」

「着眼点が違う」の類語・言い換えとして、「価値を見出す視点が違う」があります。

「着眼点が違う」という表現は、「一般の人とは価値や意味を見出す視点(見るべき場所)が異なっている」ということを意味しています。

その意味合いから、「着眼点が違う」の表現は「価値を見出す視点が違う」という表現で言い換えることが可能なのです。

icon まとめ

「着眼点が違う」という言葉について徹底的に解説しましたが、「着眼点が違う」には「目の付け所が異なっている」「狙っているポイントが違う」などの意味があります。

「着眼点が違う」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「目の付け所が違う」「注目しているポイントが異なる」「価値を見出す視点が違う」などがあります。

「着眼点が違う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。