意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「着眼点を鍛える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「着眼点を鍛える」という表現を耳にしたことがあるかと思いますが、この言葉に意味を尋ねられて、即座に説明することが意外と難しいかもしれません。

そこで、今回はこの「着眼点を鍛える」について、説明していくことにします。

Meaning-Book
「着眼点を鍛える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「着眼点を鍛える」とは?
  • 「着眼点を鍛える」の表現の使い方
  • 「着眼点を鍛える」の英語と解釈
  • 「着眼点を鍛える」を使った例文と意味を解釈
  • 「着眼点を鍛える」の類語や類義語・言い換え

「着眼点を鍛える」とは?

「着眼点を鍛える」とは、「目のつけどころを鍛える」ということを意味しています。

「着眼点」とは、「物事の有り様や状態を客観的に判断するために必要な見方や視点のあり方」のことを指していますので、この能力を鍛えることで、「的確な判断」に結び付けることができます。

「着眼点を鍛える」の表現の使い方

「着眼点を鍛える」を使うケースとしては、日頃から物事の状態を適確に正確に把握することができるようにトレーニングしているような場合があります。

このように「着眼点を鍛える」習慣を日常生活の中で意識しておくことが必要です。

「着眼点を鍛える」の英語と解釈

「着眼点を鍛える」を英語で表現すると、“train your focus”という言葉で訳すことができます。

「着眼点を鍛える」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「着眼点を鍛える」を使った例文を見て、具体的な活用シーンを考えてみましょう。

  • 「着眼点を鍛える」を使った例文1
  • 「着眼点を鍛える」を使った例文2

「着眼点を鍛える」を使った例文1

「物事を冷静に正しく把握できる人は、常に着眼点を鍛えることを心がけています」

物事を正しく把握するためには、日頃から「着眼点を鍛える」ことを意識しておくことが大切です。

大きな視点で対象となる事象を観察する習慣を持つことで、深い世界が見えてくるものです。

そうすることで、最終的なゴールをしっかりと理解することも可能です。

「着眼点を鍛える」を使った例文2

「自分の判断が納得できるようにするためには、着眼点を鍛えることで、冷静な判断力を身につけることができます」

自分が判断したことに納得することができるようにするためには、「着眼点を鍛える」ことを心掛けておくことが大切です。

そのような習慣を持つことで、さらにレベルの高い目のつけどころが解るようになってくるものです。

そこでのポイントは、素直な気持ちで物事を冷静に見ることでしょう。

「着眼点を鍛える」の類語や類義語・言い換え

「着眼点を鍛える」を他の言葉で言い換えるとするなら、次のような言葉が挙げられます。

  • 「目のつけどころを鍛える」
  • 「注目ポイントを把握できる能力を高める」
  • 「価値を見出す視点を養う」

「目のつけどころを鍛える」

「目のつけどころを鍛える」「着眼点を鍛える」の類義語して挙げることができます。

「目のつけどころ」=「着眼点」であり、平易な表現と言えるでしょう。

「注目ポイントを把握できる能力を高める」

少し長い言い回しですが、「注目ポイント」「着眼点」と似たようなニュアンスがあり、「見るべきポイントを絞ることができる能力を高くする」という意味があります。

「価値を見出す視点を養う」

「価値を見出す」とは、「その物事の良さを見つけること」という意味があり、「その価値を見る力を高める」という解釈で理解することができる表現です。

icon まとめ

「着眼点を鍛える」ということは、ビジネスの世界では非常に重要なことです。

私達の日常のビジネス活動においては、日々、物事を客観的に観察したり見ることで、次の取るべき行動を決めていく場面が数多くあります。

ここで、「着眼点」が弱いと間違った判断をしてしまう可能性があるのですが、好ましくない結果に進んでいくことになってしまいます。

そのようにならないためにも、「着眼点を鍛える」ことを意識しながら、物事を観察できるようにして行かなければなりません。

そうすることで、想定外のことが発生しても、冷静に迅速に対処することができます。