意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ジェネレーションギャップ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「ジェネレーションギャップ」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「ジェネレーションギャップ」という言葉の理解を深めていきましょう。

ジェネレーションギャップ

Meaning-Book
「ジェネレーションギャップ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「ジェネレーションギャップ」とは?
  • 「ジェネレーションギャップ」の表現の使い方
  • 「ジェネレーションギャップ」を分解して解釈
  • 「ジェネレーションギャップ」を使った例文と意味を解釈
  • 「ジェネレーションギャップ」の類語や類義語・言い換え

「ジェネレーションギャップ」とは?

「ジェネレーションギャップ」とは世代の違いによる、価値観の相違のことを言います。

「ジェネレーションギャップ」の表現の使い方

「ジェネレーションギャップ」とは世代間のずれという意味になりますので、年代が違う人同士、考え方が違う、お互い歩み寄れないといった時に使います。

「今どきの若い人の感覚が理解できなくなったよ、これがジェネレーションギャップというやつか」「古い考えを押し付けられてもこまる、ジェネレーションギャップをすごく感じる」などと使います。

「ジェネレーションギャップ」を分解して解釈

「ジェネレーションギャップ」という言葉は「ジェネレーション」「ギャップ」という二つの言葉からできています。

それではそれぞれの意味の確認をしておきましょう。

  • 「ジェネレーション」
  • 「ギャップ」

「ジェネレーション」

「ジェネレーション」とは、世代、同世代の人々といった意味の言葉で元は英語です。

「ギャップ」

「ギャップ」とは隙間、間隙という意味と、考え方、意見の隔たり、食い違いといった意味もあります。

「ジェネレーションギャップ」の場合は後者の意味合いとなります。

「ジェネレーションギャップ」を使った例文と意味を解釈

それでは「ジェネレーションギャップ」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「ジェネレーションギャップ」を使った例文1
  • 「ジェネレーションギャップ」を使った例文2

「ジェネレーションギャップ」を使った例文1

「ジェネレーションギャップは埋まらない」

「ジェネレーションギャップ」というのは世代間の違いで生じます。

世代間のずれとも言いますが、努力して埋めることができるものもあれば、生まれた年代が違うことで経験がないのでどうしても理解できないといったこともあるでしょう。

「ジェネレーションギャップ」を使った例文2

「ジェネレーションギャップと言って、お互いに歩み寄ろうとしない」

「ジェネレーションギャップ」という言葉に逃げて、お互いに歩み寄らない場合もあります。

年上の方は若い人が言うことを聞いて当たり前という価値観を譲りませんし、年下の方は古い価値観を押し付けてくることでウザいと感じてしまうのです。

お互いが思いやりを持つことが必要です。

「ジェネレーションギャップ」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「ジェネレーションギャップ」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「世代の違い」
  • 「世代間の断絶」
  • 「不一致」

「世代の違い」

「ジェネレーションギャップ」は簡単に言ってしまえば「違い」です。

「世代の違いから、価値観が合わない」などと言います。

「世代間の断絶」

「世代間の断絶」「断絶」とは結び付きが切れることを言います。

世代が違うことで価値観が合わない、考え方が結び付かないといったことになります。

「不一致」

「ジェネレーションギャップ」とは世代の違いから生じる価値観の相違です。

それは「不一致」という言葉で言い換えることもできます。

「不一致」とは食い違いがあること、揃わないことといった意味になります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ジェネレーションギャップ」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

普段の生活で「ジェネレーションギャップ」を感じることがある人もいるかもしれません。

価値観の相違はあるかもしれませんが、お互いが歩み寄る気持ちは持っていたいものです。

それでは言葉の意味を正しく理解して使っていきましょう。