意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アワティハーティー」とは?意味!沖縄方言

アワティハーティーは、カタカナ語ではなく、沖縄地方で使われている方言の1つです。

Meaning-Book
「アワティハーティー」とは?意味!沖縄方言>


目次

  • 「アワティハーティー」とは?
  • 「アワティハーティー」の語源
  • 「アワティハーティー」を使った例文と意味を解釈

「アワティハーティー」とは?

アワティハーティーとは、「慌てる」という意味で使われます。

そのまま「慌てる」という意味だけでなく、「慌てている(いた)」「慌て者」といった使い方もできる言葉です。

「アワティハーティーで行ったさー」と使えば、慌てて行ったという意味になり、「彼はアワティハーティーな男だからよー」と言えば、彼は慌て者だからといった解釈になります。

「アワティハーティー」の語源

アワティハーティーは、本来で言えば、「アワティー」を2回繰り返すのが正しい形です。

沖縄では、状態や状況の説明の為に同じ言葉を繰り返すことが多いです。

昔はそのまま「アワティアワティー」と使っていたそうですが、それが時代と共に「アワティハーティー」と変化しました。

こちらの方が「アワティアワティー」より語呂がいいという理由だと考えられています。

尚、「アワティー」「慌てて」と聞こえるのが元々の語源です。

つまり、特別な言葉ではなく、普通の日本語から発展してできた言葉です。

「アワティハーティー」を使った例文と意味を解釈

「アワティハーティー」は先のように、慌てている状態の表現や、慌て者といった意味で使います。

  • 「アワティハーティー」を使った例文1

「アワティハーティー」を使った例文1

「アワティハーティーしないようになー」

慌てないようにと使っています。

沖縄県内であれば、どの地域でも問題なく通じる使い方です。

icon まとめ

「アワティハーティー」は、沖縄だけで通じる「慌てる」という意味の独自の方言だと覚えておきましょう。