意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「畜生畜生アンド畜生」とは?意味!表現の使い方

「畜生畜生アンド畜生」は、2ちゃんねるでよく使われる「○○○○アンド○○」といった形の言葉の1つです。

畜生畜生アンド畜生

Meaning-Book
「畜生畜生アンド畜生」とは?意味!表現の使い方>


目次

  • 「畜生畜生アンド畜生」とは?
  • 「畜生畜生アンド畜生」の概要
  • 「○○○○アンド○○」の使われ方

「畜生畜生アンド畜生」とは?

「畜生畜生アンド畜生」は、それだけ「鬼畜」だと表現したい時に使う言葉です。

ここで言う鬼畜とは、それだけ酷いという意味で使っており、元は「鬼畜の所業」という表現を略したものです。

その「鬼畜の所業」と言うだけでも、極めて残酷で酷い行いという意味ですが、それを更に加速させた表現だと考えてください。

「畜生畜生アンド畜生」の概要

「畜生畜生アンド畜生」は、「あいつのやり方は、畜生畜生アンド畜生としか言い様がない」のように使う言葉です。

それほどまでに酷いという意味ですが、実際にはそこまでではないという場合でも使われることがあり、むしろ、そのように使われている場合の方が多いと言えるでしょう。

それは、この「畜生畜生アンド畜生」が2ちゃんねる発祥の言葉だという点も大きく関係しています。

「○○○○アンド○○」の使われ方

「畜生畜生アンド畜生」のような、「○○○○アンド○○」という形の言葉は他にもたくさんあり、どれも○○に入ることを強調したい時に使います。

例えば、「無理無理アンド無理」とすると、絶対に無理だと強く表現しており、「明日までにこれを全部終わらせるとか、無理無理アンド無理!」といった使い方になります。

しかし、「畜生畜生アンド畜生」と同様に、本当はそこまで強調するべきでもない場合に使っていることも少なくありません。

icon まとめ

「畜生畜生アンド畜生」は、「○○○○アンド○○」という形の言葉の中でもよく見掛けます。

そこまででは場合でも平気で使われている言葉の為、それほど真面目に解釈することはありません。