意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余韻が凄い」の意味や類語、例文を紹介

「余韻が凄い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「余韻が凄い」という言葉を使った例文や、「余韻が凄い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「余韻が凄い」の意味や類語、例文を紹介>


目次

  • 「余韻が凄い」とは?
  • 「余韻が凄い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「余韻が凄い」を使った例文や短文など

「余韻が凄い」とは?

「余韻が凄い」という言葉を知っているでしょうか。

「映画の余韻が凄い」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「余韻が凄い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「余韻が凄い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「余韻が凄い」の読み方
  • 「余韻が凄い」の意味

「余韻が凄い」の読み方

「余韻が凄い」「よいんがすごい」と読みます。

「余韻」「よいん」「凄い」「すごい」と読みます。

これを機会に「余韻が凄い」「よいんがすごい」と読みましょう。

「余韻が凄い」の意味

「余韻が凄い」という言葉の意味を紹介します。

「余韻が凄い」「余韻」には、「音が鳴った後で、かすかに残る響き」とい意味があります。

クラシックの演奏などが終わった直後、かすかに音が残っているように感じられるかもしれません。

そのような音の響きを「余韻」と言います。

また「ことが終わった後に残る、風情や味わい」という意味もあります。

「映画の余韻」という場合には、映画が終わった後で感じる、風情や味わいという意味になります。

「凄い」には、「びっくりするほど程度がはなはだしい」「並はずれた」という意味があります。

そのため「余韻が凄い」という言葉には、「物事が終わった後で、感じる風情や味わいが並はずれている」という意味があります。

「余韻が凄い」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「余韻が凄い」の類語や類似表現を紹介します。

「余韻が凄い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「興奮が冷めやらない」
  • 「余韻に浸る」

「興奮が冷めやらない」

「興奮が冷めやらない」という言葉には、「いつまで経っても、落ち着かない」「ずっと興奮状態が続く」という意味があります。

例えばスカイダイビングをした後は、すぐに落ち着かず、しばらく興奮状態にいるでしょう。

このような時、「スカイダイビングの興奮が冷めやらない」と言います。

「余韻に浸る」

「余韻が凄い」と似た意味の言葉に、「余韻に浸る」という言葉があります。

例えば「試合の余韻に浸る」という場合は、試合の感動などを追体験し、その時に感じた思いをかみしめるという意味があります。

試合を見て良かったと、しみじみ思う時も、「試合の余韻に浸る」と言います。

「余韻が凄い」を使った例文や短文など

「余韻が凄い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「余韻が凄い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「余韻が凄い」を使った例文1
  • 「余韻が凄い」を使った例文2

「余韻が凄い」を使った例文1

「びっくりする結末だったため、『余韻が凄い』」

この例文は映画や小説の結末が衝撃的で、見終わった後や読み終わった後の、味わいが並はずれているという意味の文章になっています。

しばらく、座席から立てなかったり、小説から手が離せないような、強い味わいを感じた時、「余韻が凄い」と表現できるかもしれません。

「余韻が凄い」を使った例文2

「『余韻が凄い』ため、眠れない」

例えば、デートを楽しんだ日に、この例文のように眠れなくなるかもしれません。

デートの余韻が並はずれて強く、興奮状態がいつまでも冷めないため、眠くならないのでしょう。

とても楽しくて、とても刺激的なデートだったのかもしれません。

icon まとめ

「余韻が凄い」という言葉について見てきました。

「余韻」には、「音のかすかな残響」「物事が終わった後の味わい」などの意味もありますが、「凄い」という言葉を付けて使えます。

何かを見たり体験した後で、「並はずれた余韻」を感じた時に、「余韻が凄い」という言葉を使ってみましょう。