意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ドラフト」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「ドラフト」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「ドラフト」という言葉を使った例文や、「ドラフト」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「ドラフト」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「ドラフト」とは?
  • 「ドラフト」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「ドラフト」を使った例文や短文など

「ドラフト」とは?

「ドラフト」という言葉を知っているでしょうか。

秋に行われる「ドラフト会議」が楽しみだという人もいるでしょう。

一方で、「ドラフト」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「ドラフト」という言葉の意味を紹介します。

  • 「ドラフト」の語源と英語
  • 「ドラフト」の意味

「ドラフト」の語源と英語

「ドラフト」というカタカナ語は、もともと“draft”と言う英語になります。

“draft”には、「下書きや草案」という意味があります。

また「軍隊などに徴兵されること」という意味もあります。

例えば「彼は徴兵された」という場合は、“He was drafted. ”(ヒーワズドラフテッド)という英語になります。

この“draft”という言葉が、カタカナ語の「ドラフト」の語源になっています。

「ドラフト」の意味

一般的に「ドラフト」と言えば、「ドラフト制度」のことを指します。

「ドラフト」はプロ野球で新人選手を獲得する時に、抽選により交渉権を与える制度になります。

「新人選手選択制度」と呼ぶこともあります。

「ドラフト」があると、一部の人気球団に有望な選手が集まることを避けられます。

契約金をたくさん支払える球団に、その年の目玉になるような選手が集まり、戦力均衡が崩れるのを避けられます。

またプロ野球全体で見れば、強いチームと弱いチームの差が少ないほど、均衡した試合が多くなり、ペナントレースの行方も最後まで分からなくなります。

白熱した試合を提供し、球団の集客力を上げるためにも、「ドラフト」は役立っています。

「ドラフト」の類語や類似表現や似た言葉

「ドラフト」の類語や類似表現を紹介します。

「ドラフト制度」に関連する言葉を紹介して行きます。

  • 「逆指名制度」【ぎゃくしめいせいど】
  • 「ウェーバー方式」【うぇーばーほうしき】

「逆指名制度」【ぎゃくしめいせいど】

「逆指名制度」は1993年に、有力な選手が、希望入団に入団できるようにするために導入された制度で、高校生以上の選手が対象になります。

大学生や社会人が「○○球団への入団を希望します」と逆指名すると、逆指名された球団だけが、その選手を獲得できる資格を持てました。

指名順位、1位と2位の選手だけが利用できた制度ですが、球団同士の戦力の不均衡を招くとして不評でした。

「ウェーバー方式」【うぇーばーほうしき】

「ウェーバー方式」はアメリカのメジャーリーグが採用している「ドラフト制度」です。

前年度の最下位球団から、指名する権利があるため、前年度の下位チームほど、翌年の有力選手を優先的に獲得できます。

日本の「ドラフト制度」のように、抽選もないため、最下位チームは最高の新人を獲得できます。

その結果、球団間の戦力格差が少なくなり、最下位チームのファンも、翌年は期待の新人の成長を楽しみにチームを応援できます。

「ドラフト」を使った例文や短文など

最後に「ドラフト」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「ドラフト」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「ドラフト」を使った例文1
  • 「ドラフト」を使った例文2

「ドラフト」を使った例文1

「プロ野球の『ドラフト』で一位指名されるのが夢だ」

この例文は、全ての野球少年の夢かもしれません。

「ドラフト会議」で一位指名選手として名前を呼ばれるのを夢見て、日夜練習にいそしんでいる球児も多いでしょう。

「ドラフト」を使った例文2

「日本の『ドラフト』も、完全ウェーバー方式になればいいのに」

この例文は、日本の抽選方式ではなく、アメリカのように抽選なしの完全な「ウェーバー方式」になればいいと思っている人の意見です。

最下位球団に確実に、最高の新人選手が入れるようなれば翌年以降のペナントレースが楽しくなるためです。

icon まとめ

「ドラフト」という言葉について見てきました。

秋になったらプロ野球の「ドラフト」に注目してみましょう。