意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「裕福な家庭」とは?意味や類語!表現の使い方

「裕福な家庭」という言葉を耳にすると、おそらく皆さんはとてもいいイメージを持ったり、うらやましいという気持ちになるかもしれません。

この言葉には、いい意味と少し妬みやうらやみに感じるフレーズではないかと思います。

そこで今回は、この「裕福な家庭」について、言葉の意味を探っていきたいと思います。

裕福な家庭

Meaning-Book
「裕福な家庭」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「裕福な家庭」とは?意味
  • 「裕福な家庭」の表現の使い方
  • 「裕福な家庭」の英語と解釈
  • 「裕福な家庭」を使った例文と意味を解釈
  • 「裕福な家庭」の類語や類義語・言い換え

「裕福な家庭」とは?意味

「裕福な家庭」とは、日常生活の中でもよく出て来る言葉なので、特別に珍しがることはありませんが、「裕福」には、「富んで生活が豊かなこと」という意味があり、「家庭」とは「夫婦や親子などが生活を共にする集まり・集団」という定義があることから、「裕福な家庭」「恵まれて豊かな生活を送っている家族」と理解することができます。

「裕福な家庭」の表現の使い方

「裕福な家庭」「豊かな家庭」という解釈ができることから、「経済的にゆとりのある家庭」「何不自由なく生活できるようなリッチな家族」という場合を指して使うことがあります。

しかし、「裕福な家庭」=「経済的にゆとりのある家庭」だけではなく、「精神的にゆったりとした雰囲気を持っている家族のことを指す」場合もあります。

「裕福な家庭」の英語と解釈

裕福な家庭 meaning in english

「裕福な家庭」は、“wealthy family”という言葉で英訳することができます。

「裕福な家庭」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「裕福な家庭」を使った例文を見ていくことにしますので、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

  • 「裕福な家庭」を使った例文1
  • 「裕福な家庭」を使った例文2

「裕福な家庭」を使った例文1

「田中君は裕福な家庭で育ったせいか、人を疑うようなギスギスした性格ではない上に、自分自身には厳しく大変な努力家なのです」

一般的に「裕福な家庭」で育つと、経済的にゆとりのある生活を送ることができるので、精神的にも穏やかで優しい性格の人になることが多いと言われています。

この例文に出てくる田中君もそのような性格で人を疑うようなことをしないのでしょうが、普通であれば不自由なく生活できることから、「甘ちゃん」「お坊ちゃん」的な性格になりそうな所を、努力するタイプのようですね。

これはおそらくご両親が厳しくしつけをしてきた結果だと思われます。

「裕福な家庭」を使った例文2

「山下さんは裕福な家庭で育ったのですが、お父さんが事業を失敗したことで、その後は非常に苦しい生活を強いられたのです」

このような例文もよくテレビドラマなどで出て来るフレーズですが、父親の事業の失敗から「裕福な家庭」環境から一転して厳しい環境になってしまったのです。

しかし、ここで大事なことは、これからどのようにして生きていくかということで、しっかりと生き抜いていくことで、山下さんはたくましく成長していくのだと思います。

「裕福な家庭」の類語や類義語・言い換え

「裕福な家庭」を他の言葉で言い換えるとしたなら、次のような言葉が挙げられます。

  • 「恵まれた家庭」
  • 「金持ちの家庭」
  • 「何不自由ない家庭」

「恵まれた家庭」

「恵まれた家庭」「裕福な家庭」の類義語の1つとして挙げることができますが、「通常より良い条や環境などが揃っている家庭」という意味になります。

一般の家庭と比べて、経済的だけでなく、社会的な知名度も高かったり、暮らしやすい生活環境に囲まれているような印象も伝わってきそうです。

「金持ちの家庭」

「金持ちの家庭」という言い回しも類義語として扱うことができますが、これも「リッチで経済的に恵まれた家族」という意味になります。

しかし、本当に「金持ちの家庭」が幸福な家庭なのかと言えば、決してそうではない場合もありますね。

「何不自由ない家庭」

「何不自由ない家庭」とは、「物質的にも恵まれ、精神的にも心配するようなことがないような環境に囲まれた家庭」ということになるでしょう。

「何不自由ない」と言えば、「欲しい物はすぐ手に入る」というわがまま的な印象を覚えますが、決してマイナス的な意味合いだけなく、「恵まれた環境の中にいる家庭」という捉え方をすることもできるでしょう。

icon まとめ

「裕福な家庭」という言葉を聞くと、うらやましく感じる人も少なくないでしょう。

しかし、それは必ずしも「お金持ちの家庭のこと」だけを指しているわけではなく、精神的なゆとりを持っている家庭もあることを考えると、改めてこの言葉の意味を深く噛みしめてみることも必要かもしれません。