意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「朝マズメ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「朝マズメ」という表現を知っているでしょうか。

1度も聞いたことがないという人もいるかもしれません。

ここでは「朝マズメ」という表現について紹介します。

初めて「朝マズメ」という言葉を聞いたという人はぜひ覚えておきましょう。

特に釣りを考えている人にとっては重要です。

Meaning-Book
「朝マズメ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「朝マズメ」とは?
  • 「朝マズメ」の表現の使い方
  • 「朝マズメ」の時間
  • 「朝マズメ」を使った例文と意味を解釈
  • 「夕マズメ」とは?

「朝マズメ」とは?

「朝マズメ」というのは夜明けから日の出までの前後1時間の時間帯を表す表現であり、これは釣りで使われる表現です。

また後ほど述べますが、夕マズメいう表現もあり、どちらも魚がよく釣れる時間帯だと考えられています。

例えば、ヒラメを夏場に釣りたいと思うのであれば、ヒラメは低い水温を好むため、温度が低くなる「朝マズメ」が狙い時だとも考えられています。

釣りをする人は魚の習性に合わせて「朝マズメ」と夕マズメを決めると良いでしょう。

1番良いのは両方を合わせることです。

「朝マズメ」の表現の使い方

「朝マズメ」という表現は釣りで使われる言い回しです。

昼間に釣りをするより、「朝マズメ」を狙うと効果が上がるでしょう。

釣りをしない人は「朝マズメ」という表現を使わないかもしれません。

しっかりとした定義は存在しないため、人によっては日の出の1時間前後だという人もいれば、2時間前後をさす人もいます。

もしも「朝マズメ」を狙って釣りをしたいと思うのであれば、ヘッドライトを使って暗いうちに釣りを始めた方が良いという人もいます。

「朝マズメ」の時間

た、「朝マズメ」は季節によって時間が異なりますので注意が必要です。

夏の「朝マズメ」であれば5時前ですが、冬の「朝マズメ」は6時過ぎになります。

「朝マズメ」を使った例文と意味を解釈

ここでは「朝マズメ」という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「朝マズメ」を使った例文1
  • 「朝マズメ」を使った例文2

「朝マズメ」を使った例文1

「釣りをするなら朝マズメと夕マズメを忘れてはいけません」

釣りをするのであれば、「朝マズメ」や夕マズメを意識することは非常に大切です。

確かに釣りを趣味とする人は好きな時間に釣りに行く、というイメージもありますが、実際にはこの朝と夕方の時間を意識するだけでも釣りの成果が大きく異なると言われています。

もしも本格的に釣りをしたいと思うのであれば、まず「朝マズメ」を狙ってみてはいかがでしょうか。

「朝マズメ」と夕マズメのどちらの方がよく釣れるのかということに関しては、一概には言えないと考えられています。

太陽の影響のみならず、潮や水温などを大きく影響します。

「朝マズメ」を使った例文2

「ブラックバスを狙うなら朝マズメがいいよ」

一時期、ブラックバスが流行ったことがありますね。

真夏にブラックバスを釣るのであれば、なんといっても「朝マズメ」がお勧めです。

ブラックバスにとって、真夏は水温が高くなってしまい、動きにくいと考えられています。

ブラックバスは17度から25度の温度を好むため、朝方の水温が最も心地よいと考えられており、ブラックバスが動きやすいと言われているのです。

また、先ほども述べた通りヒラメも「朝マズメ」が効果的です。

「夕マズメ」とは?

夕マズメというのは日没前後の1時間を指しており、「朝マズメ」と合わせてマズメ時と呼ばれます。

どちらも釣りをする人にとっては魚がよく釣れる時間帯だと考えられています。

釣りをしに行くのであれば、このような時間帯を意識してみると良いかもしれません。

時間帯を変えただけで今まで以上に魚が釣れるかもしれないですよ。

icon まとめ

「朝マズメ」という表現は聞いたことがないという人も多いかもしれません。

釣りをしたことがないと、知らなくても無理はないでしょう。

教養の1つとしてぜひ覚えておけると良いですね。

もしも釣りに行くチャンスがあるならば、「朝マズメ」や夕マズメを意識してみてはいかがでしょうか。