意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ミスプリント」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「ミスプリント」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

パソコンやプリンターを使う場合「ミスプリント」という表現を使った経験を持つ人もいるかもしれません。

それならば、「ミスプリント」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

ここではプリントについて紹介します。

Meaning-Book
「ミスプリント」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「ミスプリント」とは?
  • 「ミスプリント」の表現の使い方
  • 「ミスプリント」の英語と解釈
  • 「ミスプリント」を使った例文と意味を解釈
  • 「ミスプリント」の類語や類義語・言い換え

「ミスプリント」とは?

「ミスプリント」というのは印刷物の誤植のことを指します。

例えば、今まで本などを読んでいる時、漢字の変換が間違っている、数字がおかしい、などということに気づいた経験を持つ人もいるかもしれません。

あるいは脱字ということもありますね。

誤字脱字、あるいは固有名詞が間違っている、などという場合に「ミスプリント」だといえます。

これ以外にもミスタイプと言われることもあります。

「ミスプリント」の表現の使い方

一般的には印刷物における誤植のことを「ミスプリント」と言いますが、誤植という人の方が多いかもしれません。

しかし、「ミスプリント」は誤植の事ですので、どちらの表現を使っても問題ありません。

文献などを読んでいると誤字脱字を見かけることがありますが、それらはまさに「ミスプリント」だといえます。

そしてこれはあくまでも印刷物における誤植を指しており、メール等における誤字脱字等は「ミスプリント」だとは言われません。

文献を印刷する場合は事前に編集者らが誤字脱字のチェックをしますが、どうしてもすべてのカバーがしきれず、誤字脱字が起こってしまう場合もあります。

「ミスプリント」の英語と解釈

「ミスプリント」という表現を英語にすると“misprint”になります。

あるいは“a printer's error”としても問題ありません。

「ミスプリントには注意してください」ということであれば“Please be careful not to make a misprint.”になります。

「ミスプリント」を使った例文と意味を解釈

ここでは「ミスプリント」という表現を使った例文を紹介します。

  • 「ミスプリント」を使った例文1
  • 「ミスプリント」を使った例文2

「ミスプリント」を使った例文1

「ミスプリントがないように気をつけてくださいね」

文献などを印刷するときには事前に編集者たちがチェックし、誤字脱字がないことを確認します。

必要に応じて執筆者にも連絡が行き、その修正に問題がないかどうかチェックが行われます。

しかし、ページ数が多かったりするとなかなかすべてのチェックができず、最終的に誤字脱字があったということも珍しくありません。

「ミスプリント」を使った例文2

「企業名等にミスプリントがあると大変なことになります」

小説などに誤字脱字があるならば誰にも迷惑を与えることがありませんが、チラシ等に間違いがあった場合、多くの人に混乱を与えてしまう可能性があります。

企業名や数字、場所等の表記に間違いがあると、それによって戸惑ってしまう人もおり、集客数に大きな影響を与えてしまう可能性も否定できません。

そのため、顧客に配るチラシや集客を意識した広告などには特に厳しいチェックが入ります。

また、万が一にも「ミスプリント」があった場合は迅速な対応が求められます。

「ミスプリント」の類語や類義語・言い換え

ここでは「ミスプリント」という言葉の類義語を紹介します。

  • 「誤植」【ごしょく】
  • 「書き誤り」【かきあやまり】
  • 「タイプミス」【たいぷみす】

「誤植」【ごしょく】

誤植というのは「ミスプリント」と同様、印刷物における誤りのことを指します。

ミスタイプと呼ばれることもあり、注意が必要です。

最近ではSNSの普及により、商品名等に誤植があった場合はあっという間に話題になる場合もあります。

「書き誤り」【かきあやまり】

書き誤りというのは書き誤ることを指しており、正しくない文字を指しています。

「ミスプリント」というのは印刷物の間違いですが、書き誤りの場合は手書きの場合もあります。

「タイプミス」【たいぷみす】

タイプミスというのはキーボードで入力をするときに打ち間違えることを指します。

これに気づかずに印刷してしまえば、それが「ミスプリント」に繋がる可能性もあります。

icon まとめ

「ミスプリント」は、笑えるレベルのものであれば良いですが笑えないものも存在します。

企業が「ミスプリント」をしてしまうと、訂正とお詫びをしなければいけない場合もありますので、特にチェックが必要です。