意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「クラスタ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

近年「クラスタ」と呼ばれる単語が飛び交っていますが、どういう意味か・どのような使い方をされるのか知らないまま使っている人も多いです。

そのため多くの場合は誤った解釈や使い方をしていることが多く、「クラスタ」の正しい意味や使い方について紹介していきます。

Meaning-Book
「クラスタ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「クラスタ」とは?
  • 「クラスタ」の表現の使い方
  • 「クラスタ」の英語と解釈
  • 「クラスタ」を使った例文と意味を解釈

「クラスタ」とは?

「クラスタ」とは大枠として集団・群れ・集合体といった意味合いを持ちます。

そこから細分化すると2つに分類される言葉です。

一つは同じものを持つ集団という意味であり、その奥は考え方・思考・価値観などとされています。

そのため共通するものを持つ人たちが集まった状態を意味します。

もう一つはIT用語として複数台のPCを繋げることでシステムを1つに統合することを意味します。

最近では細分化した2つに限らず、集まっていることをクラスタと意味する場合もあります。

しかし状況や場面に応じて意味は変化するため注意が必要です。

「クラスタ」の表現の使い方

「クラスタ」という言葉は人の集団・IT用語の2種類の意味に分かれ、それぞれに表現の使い方も皮あります。

前者については共通する価値観を持った集団となるため、ただの集団ではなくより深いレベルでの仲間・グループというニュアンスを含みます。

後者についてはpcを連携させて複雑なことを行う準備として用いられます。

「クラスタ」の英語と解釈

「クラスタ」とは元々英単語の読みを略称した言葉です。

本来の英語ではどのような言葉であり、意味なのか紹介していきます。

“cluster”

この単語の意味として大枠として「1つの塊」という解釈とされています。

それは人や動物などの集団・数えきれない星をひとまとめにした星団・果物の房など、複数存在するものをひとまとめにしたものと解釈されます。

そのため普段用いられる「クラスタ」のようにT用語としての意味や深い中の集団といった意味は持たず、“cluster”が使われていく中で生まれた意味となります。

「クラスタ」を使った例文と意味を解釈

「クラスタ」という言葉は日常でも用いられますが、誤った解釈や使い方をしている人も多いです。

いったいどのように用いられるか例文とその解釈を紹介していきます。

  • 「クラスタ」を使った例文1
  • 「クラスタ」を使った例文2

「クラスタ」を使った例文1

「僕らはあのアニメについて語っているうちに生まれたクラスタなんだ。もう結成して2年になるよ。」

この場合、クラスタは集団・仲間といった意味となります。

また2年前から作られた集団であり、作られたきっかけとしては特定のアニメです。

アニメを通じて理解し合える仲間が集まり、その集団を「クラスタ」と呼んでいます。

「クラスタ」を使った例文2

「このPCではデータの処理と対応ができないからあのパソコンとクラスタして作っていこう。」

この場合、クラスタはIT用語としての使い方をされています。

あるPCでは処理・対応できないほどのデータですが、別のパソコンと連携することで可能となります。

そのためその旨を「クラスタ」という言葉で表現し、伝えています。

「クラスタ」の類語や類義語・言い換え 「クラスタ」は徐々に浸透しつつある言葉ですが、世代によっては聞きなれない言葉でもあります。

そのため場面や相手によって使い分けもされており、様々な類語や言い換えた表現が存在します。

どのような言葉があるか紹介していきます。

  • 「チーム」
  • 「鈴なり」
  • 「群れ」

「チーム」

「チーム」は複数の人が集まった集団であり、特定に目標や目的を持っています。

そのため「クラスタ」とほぼ同義の言葉とされています。

「鈴なり」

この言葉は元々神楽鈴における小さい鈴が密集している様子が果実と似ていることから生まれた言葉です。

時には果実以外にも人や物に対しても適応します。

集団における関係性の深さ背景などは含まず、あくまで密な集団という意味のため類語とされています。

「群れ」

「群れ」とは人や動物などが群をなしている状態・状況のことを意味します。

特定の目的や条件があって群れる場合が多いですが、その群れの中の関係性はなくただ集まっているだけの場合もあり、類語とされています。

icon まとめ

「クラスタ」とは日常の中でも使う機会の多い言葉であり、徐々に浸透しつつあります。

しかし誤った理解や使い方が誤解・トラブルを生みこともあるため、注意が必要です。