意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「対外折衝」とは?意味や類語!

「対外折衝」とは、「組織外部の利害が一致しない相手と交渉をして合意形成を目指すこと」です。

「対外折衝」「意味・読み方・使い方・英語と解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

対外折衝

Meaning-Book
「対外折衝」とは?意味や類語!>


目次

  • 「対外折衝」とは?意味
  • 「対外折衝」の表現の使い方
  • 「対外折衝」の英語と解釈
  • 「対外折衝」を使った例文と意味を解釈
  • 「対外折衝」の類語や言い換え


「対外折衝」とは?意味

「対外折衝」とは、「組織外部の利害が一致しない相手と交渉したり説得したりして合意形成を目指すこと」を意味する言葉です。

「対外折衝」というのは「利害対立のある外部の人に対する交渉・説得によって折り合いをつけること」であり、「対外折衝」することによって「お互いの利害に納得できる着地点・合意形成」を模索することになります。

  • 「対外折衝」の読み方

「対外折衝」の読み方

「対外折衝」の読み方は、「たいがいせっしょう」になります。



「対外折衝」の表現の使い方

「対外折衝」の表現の使い方は、「組織外部の利害が一致しない相手と交渉したり説得したりして合意形成(折り合いをつけられる地点)を目指す場合」に使うという使い方になります。

「対外折衝」というのは、「利害対立がある時に、お互いの利害の折り合いをつけるために行う交渉・やり取り」を意味して使われる言葉なのです。

例えば、「対外折衝によって有利な契約条件を勝ち取ることができました」「市場競争では対外折衝が必要な局面がどこかであります」といった文章において、この言葉を正しく使うことができます。

「対外折衝」の英語と解釈

対外折衝 meaning in english

「対外折衝」という言葉は、“foreign negotiations”(対外的な折衝・交渉)や“negotiations with a foreign group”(外部組織との折衝・交渉)、“negotiate with a foreign group”(外部組織と交渉する)といった英語で言い表すことができます。

  • “We negotiated with a foreign group on trade deficit problem. ”

“We negotiated with a foreign group on trade deficit problem. ”

この「対外折衝」を使った英語の例文は、「我々は貿易の赤字問題について、対外折衝しました」ということを意味しています。



「対外折衝」を使った例文と意味を解釈

「対外折衝」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「対外折衝」を使った例文1
  • 「対外折衝」を使った例文2

「対外折衝」を使った例文1

「外務大臣に求められる重要な資質として、外国の要求・条件交渉に対して、自国の立場・国益を効果的に主張できる対外折衝の能力があります」

この「対外折衝」を使った例文は、「外務大臣に求められる重要な資質として、外国の要求・条件交渉に対して、自国の立場・国益を効果的に主張できる対外的な交渉と利害調整の能力がある」ということを意味しています。

「対外折衝」を使った例文2

「対外折衝が得意な人と下手な人とでは、交渉事によって得られる利益の大きさが極端に違ってきます」

この「対外折衝」を使った例文は、「利害が一致しない外部との交渉(やり取り)が得意な人と下手な人とでは、交渉事によって得られる利益の大きさが極端に違ってくる」ということを意味しています。

「対外折衝」の類語や言い換え

「対外折衝」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「対外交渉・外部と折り合いをつける」
  • 「渉外・外部との利害調整」
  • 「外部との駆け引き・対立者との合意形成」

「対外交渉・外部と折り合いをつける」

「対外折衝」の類語・言い換えとして、「対外交渉・外部と折り合いをつける」があります。

「対外折衝」というのは、「利害が一致しない外部組織との交渉によって、折り合いをつけたり合意形成をしたりすること」を意味しています。

その意味合いから、「対外折衝」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「対外交渉・外部と折り合いをつける」という表現を指摘することができます。

「渉外・外部との利害調整」

「対外折衝」の類語・言い換えとして、「渉外・外部との利害調整」があります。

「対外折衝」という言葉は、「外部との連絡や交渉としての渉外をすること」「利害が対立する相手と交渉して利害調整すること」を意味しています。

それらの意味合いから、「対外折衝」の表現はケースによって、「渉外・外部との利害調整」という表現に言い換えることができるのです。

「外部との駆け引き・対立者との合意形成」

「対外折衝」の類語・言い換えとして、「外部との駆け引き・対立者との合意形成」があります。

「対外折衝」というのは、「利害が対立する外部組織と交渉・駆け引きをしながら合意形成を目指すこと」を意味しています。

その意味から、「対外折衝」と良く似た意味を持つ類語として、「外部との駆け引き・対立者との合意形成」が上げられます。

icon まとめ

「対外折衝」という言葉について徹底的に解説しましたが、「対外折衝」には「組織外部の利害が一致しない相手と交渉をして合意形成を目指すこと」などの意味があります。

「対外折衝」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「対外交渉・外部と折り合いをつける」「渉外・外部との利害調整」「外部との駆け引き・対立者との合意形成」などがあります。

「対外折衝」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。