意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リスキー」とは?意味や使い方!例文や解釈

「リスキー」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「リスキー」という言葉を使った例文や、「リスキー」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「リスキー」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「リスキー」とは?
  • 「リスキー」を使った言葉と解釈
  • 「リスキー」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「リスキー」を使った例文や短文など


「リスキー」とは?

みなさんは「リスキー」という言葉を知っているでしょうか。

「その仕事のやり方は、リスキーすぎる」などと言われた経験がある人もいるでしょう。

一方で、「リスキー」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「リスキー」という言葉の意味を紹介します。

  • 「リスキー」の英語
  • 「リスキー」の意味

「リスキー」の英語

「リスキー」という言葉を英語にしたい時、どのような表現になるでしょうか。

「リスキー」は英語にすると、“risky”(リスキー)になります。

“risky”には「危険な」「リスキーな」という意味があります。

これを機会に「リスキー」を英語にする時は、“risky”という英語を選びましょう。

「リスキー」の意味

「リスキー」という言葉の意味を紹介します。

「リスキー」には、「危険がある様子」「損害を受ける恐れがある様子」という意味があります。

例えば、その仕事はリスキーだと言われた時、仕事をすることで、損害を受ける恐れがある、または何かしら危険なことがある、という意味があります。

例えば、高い場所で物を運ぶような仕事には、落下する危険性があるため、「リスキーな仕事」と言われるかもしれません。

このように「リスキー」には、「危険がある様子」「損害を受ける恐れがある様子」という意味があります。



「リスキー」を使った言葉と解釈

「リスキー」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「リスキー」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「リスキーなルール」【りすきーなるーる】
  • 「リスキーな手段」【りすきーなしゅだん】
  • 「リスキーな条件」【りすきーなじょうけん】
  • 「リスキーな提案」【りすきーなていあん】

「リスキーなルール」【りすきーなるーる】

「リスキーなルール」という言葉には、「危険なルール」「損害を受ける可能性があるルール」という意味があります。

またスポーツで使う時は、「負ける可能性が高いルール」になります。

例えばボクサーが、総合格闘家と戦う時に、総合ルールで戦うのは、不利で負ける可能性が高いルールになります。

そのため、「リスキーなルール」と言えます。

「リスキーな手段」【りすきーなしゅだん】

「リスキーな手段」という言葉もあります。

例えば、お金を儲ける時に、貯金するという方法があります。

貯金は元金が減ることがなく、危険性がほとんどない方法と言えます。

一方で、株式投資をしたり、FXをしてお金を儲けるのは、手元の資金を失う可能性がある、危険性の高い手段と言えます。

そのため「株やFXはリスキーな手段」と言えます。

「リスキーな条件」【りすきーなじょうけん】

「リスキーな条件」という言葉には、「自分にとって危険性がある条件」「損害を受ける恐れがある条件」と言えます。

例えばプロ野球チームと契約を結ぶ時、「調子を落としたら、球団の判断で契約解除できる」という条件が入っているとしたら、「リスキーな条件」になります。

いつ契約解除されても不思議でない条件のためです。

「契約解除した場合、給料を保証する」などの条件を加える必要があります。

「リスキーな提案」【りすきーなていあん】

「リスキーな提案」という言葉もあります。

「リスキーな提案」は、危険性がある提案のことです。

例えば会議中に、「業績不振の責任を取って、経営陣は全員会社を辞めるべきです」と提案したらどうでしょうか。

発言者の立場が悪くなり、逆に解雇されるかもしれません。

このようなリスクが高い提案を「リスキーな提案」と言います。

「リスキー」の類語や類似表現や似た言葉

「リスキー」の類語や類似表現を紹介します。

「リスキー」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ハイリスク」【はいりすく】
  • 「諸刃の剣」【もろはのけん】

「ハイリスク」【はいりすく】

「ハイリスク」には「危険性が高い」という意味があります。

「ハイリスクハイリターン」という言葉がありますが、「高い危険を払って、高い報酬を得る」という意味があります。

時には高いリスクを負わなければ、何も手にできないと考える人が、「ハイリスクハイリターン」を狙います。

「諸刃の剣」【もろはのけん】

「諸刃の剣」「刃が両側に付いた剣」のことです。

攻撃時に有利ですが、相手を切ろうとしたアクションで、自分を切ってしまう恐れもあります。

そのため「諸刃の剣」には「とても役に立つ一方で、損害を得るリスクもある」という意味があります。

例えば、仕事はできるが、性格が悪い人材を起用することは、仕事の役に立つことが分かっている一方で、職場の空気を最悪にするリスクもあります。

このような人材を「諸刃の剣」と呼びます。



「リスキー」を使った例文や短文など

「リスキー」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「リスキー」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「リスキー」を使った例文1
  • 「リスキー」を使った例文2

「リスキー」を使った例文1

「カジノで過ごした夜は、生涯で最も『リスキーな夜』だった」

この例文に登場する人は、カジノで大金を掛けていたのかもしれません。

もし負けが込んでしまえば、すべてを失うような危険な勝負をしていたのかもしれません。

まさしく「リスキーな夜」と言える時間を過ごしたのでしょう。

「リスキー」を使った例文2

「試合に勝つため、『リスキー』すぎる戦術を選ぶ」

スポーツの試合では、このような危険すぎる戦術を取ることがあります。

例えば、サッカーの試合に負けているチームが、試合終了前になり、キーパーを敵ゴール前に上がらせて、全員で攻撃を仕掛けることがあります。

もちろん自陣のゴールは誰も守っていないため、カウンターを受けたら点を取られて敗戦濃厚になります。

このような全員攻撃は「リスキーすぎる戦術」と言えるでしょう。

またボクシングの試合で、判定が不利だと判断したボクサーが、ガードを捨てて攻撃に専念することがあります。

こちらの場合も、相手の攻撃を受けやすい、「リスキーすぎる戦術」と言えます。

icon まとめ

「リスキー」という言葉について見てきました。

みなさんも、危険を覚悟で何かをすることがあるかもしれません。

そのような時に、「リスキー」という言葉を使ってみましょう。