意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワロタンゴ」とは?意味や表現の使い方について解釈

「ワロタンゴ」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは「ワロタンゴ」という言葉について詳しく解説していきます。

それでは一緒に見ていきましょう。

ワロタンゴ

Meaning-Book
「ワロタンゴ」とは?意味や表現の使い方について解釈>


目次

  • 「ワロタンゴ」とは?意味
  • 「ワロタンゴ」の概要・語源
  • 「ワロタンゴ」のスラングでの使い方
  • 「ワロタンゴ」をリアルで使う際の注意点


「ワロタンゴ」とは?意味

「ワロタンゴ」とはネットスラングであり「とっても笑ったよ」という意味になります。

非常にウケた、馬鹿馬鹿しくて爆笑、そのような意味合いで使います。



「ワロタンゴ」の概要・語源

「ワロタンゴ」とはネットスラングで、もともとは「笑った」という言葉を「ワロタ」などと表していました。

その語尾に「ンゴ」をつけているのですが、踊りの「タンゴ」とも掛け合わせているとされています。

「ワロタ」「ワロタン」「ワロタンゴ」「ワロリンヌ」と様々な種類もありますが、意味合いとしては同じです。

「ワロタンゴ」のスラングでの使い方

「ワロタンゴ」のスラングでの使い方なのですが、面白い、非常に笑えた、笑ったという時に「ワロタンゴ」「www」をつけて書き表すことが多いでしょう。

「www」とは「笑った」という意味で「草」とも呼ばれています。

「ワロタンゴwwwww」などと書けば爆笑、非常におかしい、とても笑えるといったことを意味するのです。

しかし内容によっては、嘲笑に近い意味合いともなりますので、使い方は気をつけなくてはならないでしょう。



「ワロタンゴ」をリアルで使う際の注意点

「ワロタンゴ」はネットスラングで気軽に使われている言葉と言えるのですが、リアルで使うこともできなくはありません。

仲のいい友達同士で使うことは大いにありえます。

ただし、仕事の場、目上の人には使わないようにしましょう。

そして、ネットをあまりしない人にはそもそも言葉の意味が理解できないこともあります。

また、このようなネットスラングというのは主に5ちゃん(旧2ちゃん)で使われますので、意味がわかっている=5ちゃんを知っている、見ているという風に思われたくないという人もいます。

「ワロタンゴ」を使っても許容してくれる相手であるかどうか、意味を知っているかどうかそのあたりの見極めは必要でしょう。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ワロタンゴ」について詳しく解説をしました。

意味は非常に笑ったということになります。

仲のいい友達同士と気軽にLINEなどで「ワロタンゴwww」などと使うのは問題ありません。

ただし、仕事相手、目上の人、ネットスラングに理解&興味がない人には使用は控えるようにしましょう。