意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「全力疾走」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

全力疾走という表現を知っているでしょうか。

熟語としても使われますし、何か努力をしていることがあれば、その時に全力疾走という表現を使うことも可能です。

ここではこの言葉について紹介します。

全力疾走

Meaning-Book
「全力疾走」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「全力疾走」とは?
  • 「全力疾走」の表現の使い方
  • 「疾走」とは?
  • 「全力疾走」を使った例文と意味を解釈
  • 「全力疾走」の類語や類義語・言い換え


「全力疾走」とは?

全力疾走というのは力いっぱい、全速力で走るという意味を指しています。

精一杯の力を振り絞って全速力で走る、という意味があり、例えば受験前の高校3年生は全力疾走で受験勉強を進めていくのではないでしょうか。

また、マラソンなどで1位や2位を争っている時は、最後の最後まで全力疾走で走るという人もいるでしょう。

全力疾走という表現はマラソンのみに使われるわけではなく、何か頑張っていることがあれば、最後まで努力を続けるという意味で使われます。

  • 「全力疾走」の読み方

「全力疾走」の読み方

全力疾走という表現は「ぜんりょくしっそう」と読みます。

スポーツなどで使われることが多い表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「全力疾走」の表現の使い方

全力疾走という表現は、受験勉強やコンテストなど、何かに向けて努力をしているときに使える表現です。

例えばコンテストに向けて練習をしているのであれば、最後の最後まで全力で立ち向かうという意味で全力疾走という表現が使えます。

受験勉強では受験の直前まで勉強するという人も多いのではないでしょうか。

そのようなときには全力疾走という言葉が使えます。

最後の最後まで諦めず、努力を続けていきたいものです。

「疾走」とは?

疾走という表現は非常に速く走るという意味になります。

また、重松清が執筆した小説の中にも疾走というものがあります。

これを原作として2005年12月には疾走という映画が公開されました。



「全力疾走」を使った例文と意味を解釈

ここでは全力疾走という表現を使った例文を紹介します。

  • 「全力疾走」を使った例文1
  • 「全力疾走」を使った例文2

「全力疾走」を使った例文1

「受験の当日まで全力疾走で努力していきたいと思っています」

大学受験は非常に大変ですよね。

今までの勉強を振り返らなければいけませんし、進学したいと考えた大学のレベルによっても勉強方法を変えていかなければいけません。

また、大学受験の頃は寒い時期ですので、風邪をひかないように気をつけるということも非常に重要です。

体調を整えながら勉強を続け、受験直前まで努力をしなければいけません。

「全力疾走」を使った例文2

「彼は駅伝において、最後まで全力疾走を続けた」

新年の箱根駅伝などは関心を持っている人も多いのではないでしょうか。

すでに力を発揮して知名度が高い選手もいますし、新しく期待されている選手もいますよね。

そのような中で、最後の最後まで全力疾走ができる選手たちは周りから期待されます。

駅伝に限らず、マラソンや短距離走の選手たちは最後の最後まで全力疾走していかなければいけません。

「全力疾走」の類語や類義語・言い換え

ここでは全力疾走という表現を使った類義語を紹介します。

  • 「全速力で駆ける」
  • 「真剣勝負」
  • 「ラストスパート」

「全速力で駆ける」

全速力で駆ける、という表現は全速力で走るという意味です。

全速力という言葉には出せる限りの最大の力、という意味があります。

「真剣勝負」

真剣勝負という表現には本気で勝ち負けを争うこと、本気でことに当たること、という意味があります。

これ以外にも本物の刀を用いて勝負することを真剣勝負といいます。

「ラストスパート」

ラストスパートというのは競争においてゴール間近になり、力を尽くして走る、最後の激走、という意味になります。

受験勉強の前にはラストスパートをかける人も多いのではないでしょうか。

icon まとめ

全力疾走という表現は日常的にも使いますのでぜひ覚えておきたい言葉の1つです。

特に何か努力をしていることがあるならば、全力疾走で頑張りたいですね。