意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ツイッタラー」とは?意味や語源・「アルファツイッタラー」についても解説!

「〜の利用者」という意味にする為に、最後に“er”を付けることは珍しくありませんが、それによって語呂が悪くなる言葉も少なくありません。

ツイッタラー

Meaning-Book
「ツイッタラー」とは?意味や語源・「アルファツイッタラー」についても解説!>


目次

  • 「ツイッタラー」とは?
  • 「ツイッタラー」の語源
  • 「アルファツイッタラー」とは?
  • 「ツイッタラー」の表現の使い方・使用例


「ツイッタラー」とは?

ツイッタラーとは、ツイッターを使っている人(利用者)のことです。

“twitter”の後ろに“er”を付けて“twitterer”としたものです。

英語の文法的にも間違いではなく、英語圏でもこの“twitterer”はよく使われる表現ですが、発音の語呂が悪いので、表記、口語共にあまり使われる言葉でもありません。

実際にもあまり「○○はツイッタラーだよな?」などと使うことはなく(やはり、語呂が悪いので)、意味だけを覚えておけばいい言葉だと考えて構いません。



「ツイッタラー」の語源

この「ツイッタラー」は、先のように“twitter”“er”を付けて作られた言葉です。

「走る」という“run”“er”を付けて“runner”とすると「走る人」(ランナー)となるように、英語ではこのように作られる言葉が少なくありませんが、何にでも付ければいいというものでもありません。

例えば、同じSNSの“mixi”を使っている人に対して“mixier”とは言いません(英語として、最後に“er”が付けられる基本的な形がある為です)。

尚、この名称は、mixi専用のブラウザの名前となっています(無理矢理感が否めませんが)。

「アルファツイッタラー」とは?

アルファツイッタラーとは、多くの人にフォローされていて、発言に大きな影響力のあるツイッターの利用者のことを指して使う言葉です。

語源は、「アルファブロガー」のツイッター版という意味からです。

そのアルファブロガーとは、管理しているブログにかなりのアクセス数があり、そこに記載した内容に影響力のある人のことを指します。

最近では、この「アルファツイッタラー」「アルファブロガー」共に、「インフルエンサー」(大きな影響力のある人)という言葉を使って呼ばれることが多いです。



「ツイッタラー」の表現の使い方・使用例

ツイッタラーは、あまり見掛けない(使っている人が少ない)言葉なので多用は禁物です。

実際のところ、好んで使っていると恥ずかしい思いをするかも知れません。

「お前ってツイッタラーだったっけ?」のような形で使いますが、「お前、ツイッターやってたっけ?」と聞いた方が無難です。

icon まとめ

ツイッタラーは、「ツイッターの利用者」と表せる便利な言葉ながら、その語呂の悪さが災いして、実際にはほとんど使われていません。

死語とまではいいませんが、通常は「ツイッターを使っている」などと普通に言い換えた方がいいでしょう。