意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ほんそれ」とは?意味や類語!表現の使い

「ほんそれ」は、ネット上でよく見掛ける言葉ですが、一体どんな意味で使っているのでしょうか。

ほんそれ

Meaning-Book
「ほんそれ」とは?意味や類語!表現の使い>


目次

  • 「ほんそれ」とは?
  • 「ほんそれ」の表現の使い方
  • 「ほんこれ」とは?
  • 「ほんそれ」を使った例文と意味を解釈
  • 「ほんそれ」の類語や類義語・言い換え


「ほんそれ」とは?

ほんそれとは、「本当にそれ」と言いたい時に使う言葉です。

これを略しただけの言葉で、それ以外の意味は何もありません。

誰かの意見に同意、賛同する時に用いる言葉で、「〜だよな」のような問い掛けに対し、「ほんそれ」と使うと、本当にその通りだという意味で使うことができます。



「ほんそれ」の表現の使い方

ほんそれは、先のように、この言葉から使うようなことはなく、誰かの発言に対する返答として使います。

それも、肯定するだけに用いる表現なので、英語で“off course”(オフコース、その通りという意味)と言っているようなものです。

それ以外には使わない言葉の為、一度覚えてしまえば使い方を間違えることはないでしょう。

ただし、何事に対しても簡単に「ほんそれ」とばかり使っていると、何を言ってもそうとしか言わない(つまりはいい加減だ)と思われてしまうかも知れないので、あまり多用は禁物です。

「ほんこれ」とは?

この「ほんこれ」は、「ほんそれ」と同じ意味で使えます。

「それ」「これ」の違いだけで、相手の発言を「それ」と表現するか、「これ」とするかの違いだけです。

何かを指して使うので、「それ」の方が適した表現ですが、ネット上ならではの慣例から、「これ」でも「それ」と同様に使えます。

ここは、ネットに慣れている人ならすぐに分かる表現技法です。

「それそれ」と言いたいところに「これこれ」と使うようなこともよくあります。



「ほんそれ」を使った例文と意味を解釈

「ほんそれ」を使った例文と、その意味の解釈です。

何かの発言に対する返答として使う言葉なので、会話形式になります。

  • 「ほんそれ」を使った例文1
  • 「ほんそれ」を使った例文2

「ほんそれ」を使った例文1

「年末ジャンボは一応毎年買うけど、絶対当たらないよな」

「ほんそれ」

1等が今年は何億円などと、毎年のように当せん金が高額になっていますが、宝くじ自体の払い戻し率は常に一定(約45%)なので、当せん金額が上がれば、その分当たりにくくなるだけです。

当せん金額が高額なほど夢はありますが、最初から当たることを期待してはいけません。

それこそ、当たったらラッキーという程度に考えて購入しましょう。

「ほんそれ」を使った例文2

「あいつ、最近どんどん態度が大きくなってない?」

「完全にほんそれ」

「ほんそれ」「完全に」と付けて、より意味を強調しています。

こういった使い方をしても構わない言葉です。

他にも「本当にほんそれ」という使い方もあり、「本当に」が被ってしまっていますが、全く構わずに「その通りだ」という意味を強調したい時に使われる表現です。

「ほんそれ」の類語や類義語・言い換え

「ほんそれ」と似た意味の言葉や、言い換え表現です。

この言葉の方がメジャーですが、これらを好んで使っている人も多いです。

  • 「ほんにそれ」【ほんにそれ】
  • 「ほんまそれ」【ほんまそれ】

「ほんにそれ」【ほんにそれ】

「本当にそれ」「に」を残した形です。

意味や使い方は「ほんそれ」と全く一緒で、後は好みの問題だけです。

「本当にそれ」が、まずこの「ほんにそれ」となり、それから「ほんそれ」になったという流れだとも言われています(確かではなく、説の1つです)。

「ほんまそれ」【ほんまそれ】

主に関西地方で好まれている表現です。

「ほんまにそれ」の略で、「本当」「ほんま」と使う関西ならではの言い方です。

ネット上では、他の地方の人が好んで使っていることも少なくありません。

icon まとめ

上のような別の形もありますが、「ほんそれ」が基本形だと考えていいでしょう。

「ほんこれ」も同様に使える言葉だと覚えておきましょう。