意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ちょ待てよ」とは?意味など徹底解釈

「ちょ待てよ」と聞いて女性ならばピンとくる人もいるでしょう。

知らない人の為に意味や元ネタを紹介します。

ちょ待てよ

Meaning-Book
「ちょ待てよ」とは?意味など徹底解釈>


目次

  • 「ちょ待てよ」とは?意味
  • 「ちょ待てよ」のイメージが定着理由
  • 「ちょ待てよ」の表現が使われた作品
  • 「JUDGE EYES」(キムタクが如く)とは?


「ちょ待てよ」とは?意味

「ちょ待てよ」とは、「ちょっと待ってよ」が省略された言葉です。

何故この言葉が有名かというと、人気タレントの木村拓哉氏(キムタク)がドラマの中で頻繁に使う言葉であるからです。

キムタクと言えばクールな演技が魅力ですが、セリフ回しもそれとなくワルな雰囲気があります。

憮然とした表情で「ちょ待てよ」と言うのがいかにもキムタクらしいと人気になりました。

但し、本人いわく「プライベートで言うことはまずない」そうです。



「ちょ待てよ」のイメージが定着理由

「ちょ待てよ」が定着したのは、タレントのホリ氏が「キムタクあるある」としてモノマネをしたのが始まりです。

いつのどのセリフというのではなく、キムタクを表すモノマネとしてホリ氏が選んだセリフが「ちょ待てよ」だったのです。

それが多くの人達に「あるある」と受け入れられて、キムタクのイメージとなりました。

本人も次第に愛着を感じる様になったのか、公式グッズとして「ちょ待てよ」のLINEスタンプも発表しています。

事務所も公認となるスタンプにより、キムタクと言えば「ちょ待てよ」のイメージが定着したのです。

「ちょ待てよ」の表現が使われた作品

「ちょ待てよ」は、キムタクが出演する複数のドラマで使われています。

初めて使われたのが1997年に放映された「ラブジェネレーション」の第5話です。

平均視聴率8%という異例の大ヒット作です。

1998年の「眠れる森」では第3話に、2000ねんの「ビューティフルライフ」では複数回、2001年の「HERO」、2003年の「GOOD LUCK!!」でも使われているのです。



「JUDGE EYES」(キムタクが如く)とは?

「JUDGE EYES」とは、2018年いセガから発売されたプレステ4のサスペンスアクションゲームです。

主人公の探偵「八神隆之」のCGモデルをキムタクが努めて、声も収録しています。

まるで目の前でキムタクが活躍しているかの様な仕上りから、「キムタクが如く」と言われる様になりました。

icon まとめ

「ちょ待てよ」とは、「ちょっと待ってよ」が省略された言葉です。

俳優の木村拓哉氏のあるあるから出たセリフですが、本人も気に入ってドラマの中で使う様になりました。

少し投げやりな言い方にするのがコツです。