意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「冗談はよし子ちゃん」とは?意味など徹底解釈

「冗談はよし子ちゃん」という言葉は聞いたことがあるでしょう。

よくジョークとして「冗談はよし子ちゃん」と言う方もいますが、年上の方がこうしたジョークを発言されることが多いのも事実です。

では、「冗談はよし子ちゃん」について意味や派生などきちんと理解しておきましょう。

冗談はよし子ちゃん

Meaning-Book
「冗談はよし子ちゃん」とは?意味など徹底解釈>


目次

  • 「冗談はよし子ちゃん」とは?意味
  • 「冗談はよし子ちゃん」の派生
  • 「冗談はよしこさんずら」の表現が使われた作品
  • 「冗談はよし子ちゃん」が使われた世代


「冗談はよし子ちゃん」とは?意味

「冗談はよし子ちゃん」は、「冗談はよして」

という言葉を「冗談はよし子ちゃん」と言って、少しジョークを踏まえた意味です。

冗談を止めて!と強く伝える時に活用します。

昭和を代表する死語なので、「冗談はよし子ちゃん」というとサムイと感じる方も多いです。

ご年配の方にジョークを踏まえて言う時には好印象になることもあります。



「冗談はよし子ちゃん」の派生

「冗談はよし子ちゃん」の派生は、「冗談はよしてくれ」が元になり、言葉遊びとして扱ったことで「冗談はよし子ちゃん」というようになりました。

「冗談はよし子ちゃん」の言葉遊びをタイトルに使った漫画「ジョーダンはよしこちゃん!」が登場しました。

  • 「冗談はヨシオ君」
  • 「冗談はヨシダ君」

「冗談はヨシオ君」

「冗談はヨシオ君」という言葉も遊び言葉の一つとして扱われています。

「冗談はよし子ちゃん」と同じような意味で意味は「冗談はよしてくれ」として活用され、昭和では活用されていましたが現在は死語として使われないことが多く、ご年配の方などは親しみやすい遊び言葉になります。

「冗談はヨシダ君」

「冗談はヨシダ君」は、「冗談はよし子ちゃん」と同じように昭和で愛用されていた遊び言葉で、意味は「冗談はよしてくれ」です。

現在では死語です。

ご年配の方へ伝えるとご理解頂けますが、若者には厳しいです。

「冗談はよしこさんずら」の表現が使われた作品

「冗談はよしこさんずら」の表現が使われた作品は、アニメ「よしまる」の第4話の中にでてくる表現でトラブルに対して、花丸により「冗談はよしこさんずら」という名言が生まれました。



「冗談はよし子ちゃん」が使われた世代

「冗談はよし子ちゃん」が使われた世代は、昭和です。

高齢者の方々などは馴染みがあるケースもありますが、現在は死語になっているので、やはりご利用になるケースは「冗談はよし子ちゃん」など、高齢者の方や昭和世代になります。

icon まとめ

「冗談はよし子ちゃん」という言葉は昭和世代には馴染みがある遊び言葉なので、ちょっと「冗談はよして」というのを冗談っぽく言う時に活用してみるのもよいでしょう。