意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「なわけ」とは?意味など徹底解釈

「なわけ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

「なわけ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

なわけ

Meaning-Book
「なわけ」とは?意味など徹底解釈>


目次

  • 「なわけ」とは?
  • 「なわけ」の表現の使い方・応用
  • 「なわけ」の使い方の注意点


「なわけ」とは?

「なわけ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「なわけ」には、「そんなわけない」という意味があり、「そんなわけない」を縮めた略語になります。

「そんなわけない」には、「そんなはずがないと強く確信している」と言う意味があります。

そのため「AはBだ」と誰かが言った時に、「なわけ」と言った場合は、「AはBではないと、強く確信している」という意思表示になります。



「なわけ」の表現の使い方・応用

「なわけ」という言葉が変化した言葉もあります。

「なわけ」によく似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「んなわけねーだろ」【んなわけねーだろ】
  • 「んなわけ」【んなわけ】

「んなわけねーだろ」【んなわけねーだろ】

「んなわけーねだろ」は、「そんなわけないだろ」が縮まった略語になります。

「なわけ」と同じような使い方をします。

「んなわけ」【んなわけ】

「んなわけ」「そんなわけないだろ」を縮めた略語です。

「そんなはずがないと確信している」時に「んなわけ」と言います。

「なわけ」の使い方の注意点

「なわけ」は略語で、正式な言葉ではありません。

そのため、会社のメールなどに、「なわけ」と書いて送らないようにしましょう。

「そのような筈がないと思われます」などと、丁寧な表現を使いましょう。



icon まとめ

「なわけ」という言葉について見てきました。

「そんなわけない」という言葉を、略して使いたい時に、「なわけ」または「んなわけ」を使ってみましょう。